円通寺 (京都市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
円通寺
Entsuji Kyoto02s5.jpg
所在地 京都府京都市左京区岩倉幡枝町389
位置 北緯35度3分52.2秒 東経135度46分8.2秒 / 北緯35.064500度 東経135.768944度 / 35.064500; 135.768944座標: 北緯35度3分52.2秒 東経135度46分8.2秒 / 北緯35.064500度 東経135.768944度 / 35.064500; 135.768944
山号 大悲山
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 聖観音
開基 圓光院殿瑞雲文英尼大師
文化財 庭園(国の名勝)、霊元天皇宸翰消息(重要文化財)
テンプレートを表示

円通寺(えんつうじ)は京都市左京区岩倉幡枝町にある臨済宗妙心寺派の仏教寺院。山号は大悲山。

聖観音本尊とする。後述する円通寺庭園(国の名勝)で知られる。

沿革[編集]

元は後水尾天皇の山荘であった幡枝御殿であり、後述する枯山水庭園もその頃に造営されたものである。修学院離宮の造営に伴い、幡枝山荘は近衛家に譲渡された。後の延宝6年(1678年)、霊元天皇の乳母であった圓光院殿瑞雲文英尼大師が開基となって寺に改め、皇室の祈願所となった。妙心寺10世の景川宗隆を勧請開山としている。

庭園[編集]

枯山水式の庭園で国の名勝に指定されている。苔を主体に刈込みと石を配し、大小40余りの庭石は上皇となった後水尾天皇が自ら配したといわれる。また、刈込みと立木の背後に望む比叡山借景としており、上皇は最も比叡山の眺望に優れた地を求めて、この幡枝に山荘を設けたといわれている。

とりわけ、この円通寺庭園は借景の美しさで名高い。そのため、高層マンション建築など急速に進む都市開発は、貴重な借景を壊してしまう懸念材料になると危惧されていた。そのため、京都市は円通寺庭園など借景を保護するための眺望条例(正式名称は京都市眺望景観創生条例)を制定するようになった。円通寺は同条例の対象地となり、周辺区域では高さだけでなく、屋根の形式なども制限される[1]

文化財[編集]

名勝
  • 円通寺庭園
重要文化財
  • 霊元天皇宸翰消息

所在地・アクセス[編集]

京都市左京区岩倉幡枝町389

叡山電車「京都精華大前」下車徒歩25分、地下鉄「国際会館」又は「北大路」から京都バス45・46系統(本数少なし)「自動車教習所前」下車徒歩8分

脚注[編集]

  1. ^ http://www.asahi.com/special/isan/OSK200702140035.html

関連ページ[編集]

  • 正伝寺(円通寺と同じく、比叡山を借景とする庭園がある)。
  • 修学院離宮 (後水尾天皇築庭。同様に比叡山を借景とする。)

外部リンク[編集]