円覚寺 (那覇市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
円覚寺跡(総門・放生池・放生橋)

円覚寺 (えんかくじ)は沖縄県那覇市首里城北面にかつて存在した臨済宗寺院

歴史[編集]

第二尚氏菩提寺として弘治7年(1494年)に鎌倉円覚寺を模して建立された。第二尚氏の支援を受けて繁栄し、寺前にある円鑑池では、中国からの冊封使を招いて宴が開かれるなど、琉球王朝史の中で極めて重要な位置を占めていた。

明治時代琉球処分後、仏殿、三門、方丈などの寺の伽藍は昭和8年(1933年)国宝に指定されたが、第二次世界大戦で放生橋(ほうじょうばし)を残して全て焼失した。跡地は戦後、昭和23(1948)年に琉球大学の教員宿舎が、昭和40(1965)年頃に同大学のグラウンドが建設され、基壇や石畳などの遺構は破壊もしくは地下に埋め込まれた。昭和43(1968)年に総門が復元され、放生池の修復が行われた。昭和59(1984)年に琉球大学の移転が完了し、遺構の全容解明と復元整備が進められている。旧琉球大学跡地を除く残りの敷地は、現在沖縄県立芸術大学の一部となっている。

再建された建造物が総門のみの為、参考写真のように放生橋(放生池)越しに総門を奥にした構図が多く誤解されがちであるが、三門、仏殿などの伽藍は池の手前側にあった。

往時の円覚寺[編集]

  • ※ 『琉球建築』より、田辺泰編、座右宝刊行会、復刻1972年、初版1937年

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 放生橋 - 室町時代、中国の石工の作になる石造桁橋。高欄に弘治戊午歳(弘治11年・1498年)の銘がある。沖縄返還後の昭和47年(1972年)、国の重要文化財に指定された。前後の参道、池周囲の石積・石畳が附(つけたり)指定となっている。現在は沖縄県の所有。
  • 梵鐘(旧円覚寺楼鐘)・梵鐘(旧円覚寺殿前鐘)・梵鐘(旧円覚寺殿中鐘) - 沖縄県立博物館・美術館に所在

沖縄県指定有形文化財[編集]

総門
  • 総門
  • 円覚寺放生池石橋勾欄

史跡[編集]

  • 円覚寺跡

アクセス[編集]

モノレール[編集]

路線バス[編集]

各路線の概要、経由地、運行本数等は、系統名の右のバス会社を参照。

県立芸大前バス停[編集]

首里城公園入口バス停[編集]

  • 1番(首里識名線) 那覇バス
  • 8番(首里城下町線) 沖縄バス
  • 17番(石嶺線) 那覇バス
  • 46番(糸満西原(鳥堀)線) 那覇バス

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯26度13分6秒 東経127度43分10秒 / 北緯26.21833度 東経127.71944度 / 26.21833; 127.71944