円筒図法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
円筒図法の模式図。地球を円筒に投影して作成する

円筒図法(えんとうずほう、英語: cylindrical projection)は、地図投影法の分類のひとつで、地球に巻き付けた円筒に地物を投影して作られる図法、転じて、経線緯線直交する直線群となる図法のこと。

投射図法[編集]

「地球に巻き付けた円筒に対し、地球の中心に置いた点光源が落とす心射円筒図法)」といったふうに幾何学的に定義される。円筒を地軸に平行に巻きつければ、すべての緯線は平行な直線に、すべての経線は等間隔かつ平行な直線となる。

心射円筒図法
光源は地球の中心に固定
ランベルト正積円筒図法
経度について、その反対側の無限遠点に光源を置いた場合の影

非投射図法[編集]

すべての緯線が平行な直線で、すべての経線が等間隔かつ平行な直線であるが、緯線の間隔を幾何学的ではなく数式などで与える図法。

擬円筒図法[編集]

経線を曲げて高緯度では狭めることによって、高緯度での変形を抑えようとした図法。