内田義彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

内田 義彦(うちだ よしひこ、1913年2月25日 - 1989年3月18日)は、日本経済学者である。

愛知県名古屋市生まれ。専攻経済学史社会思想史。経済学博士アダム・スミスカール・マルクスと、近代日本思想史の研究で知られる。著書『社会認識の歩み』で、歴史認識現代認識の関係、理念とハウ・トゥの関係、読み方について、を論じて、日本における社会科学認識について考察している。

1954年8月16日に学位論文『経済学の生誕』で、専修大学より経済学博士の学位を受ける。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『経済学の生誕』未來社 1953年 
  • 『経済学史講義』未來社 1961
  • 『資本論の世界』岩波新書 1966年
  • 『日本資本主義の思想像』岩波書店、1967年 毎日出版文化賞受賞
  • 『内田義彦対談集 読むということ』筑摩書房 1971
  • 『社会認識の歩み』岩波新書 1971年
  • 『学問への散策』岩波書店 1974年
  • 『作品としての社会科学』岩波書店 1981年 のち同時代ライブラリー 1992年、大佛次郎賞受賞
  • 『『作品』への遍歴 大仏次郎賞受賞記念講演』専修大学社会科学研究所編集 時潮社 1982
  • 『読書と社会科学』岩波新書 1985年
  • 内田義彦著作集岩波書店 全10巻、1988-89年
1 経済学の生誕
2 経済学史講義
3 経済学史・思想史研究
4 社会認識の歩み・資本論の世界
5 日本資本主義の思想像
6 学問への散策 散策もう一度
7 対談への試み
8 作品としての社会科学
9 読書と社会科学
10 歩みの跡
補巻「時代と学問」野沢敏治酒井進編、2002 全巻総索引を付す。
  • 『形の発見』藤原書店、1992年、主に対話集 
  • 『内田義彦セレクション』全4巻 藤原書店、2000-01年 対話編も含む。
    • 『生きること学ぶこと――なぜ「学ぶ」のか? どのように「生きる」か?』2000
    • 『ことばと音、そして身体――芸術を学問と切り離さず、学問と芸術の総合される場を創出』2000、ISBN 9784894341906
    • 『ことばと社会科学――どうすれば哲学をふり回さずに事物を深く捕捉し表現しうるか?』2000、ISBN 9784894341999
    • 『「日本」を考える――普遍性をもふくめた真の「特殊性」を追究する独自の日本論』2001、ISBN 9784894342347
  • 『学問と芸術』山田鋭夫編・解説 藤原書店、2009年 ISBN 489434680X

共編著[編集]

  • 『古典経済学研究 上巻』編 未来社 1957
  • 『経済学入門』都留重人,末永隆甫共編 東京出版 1958
  • 『資本主義の思想構造』小林昇共編 岩波書店 1968
  • 『近代日本思想大系 18 河上肇集』編集・解説 筑摩書房 1977
  • 『言葉と科学と音楽と』谷川俊太郎と対話 藤原書店、2008年

関連項目[編集]