内山俊彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
内山 俊彦 Football pictogram.svg
名前
愛称 ウッチー
カタカナ ウチヤマ トシヒコ
ラテン文字 UCHIYAMA Toshihiko
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1978年10月21日(36歳)
出身地 鹿児島県出水市
身長 180cm
体重 70kg
選手情報
ポジション DF
利き足 両利き
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2006
2007-2009
2010-2011
2012
モンテディオ山形
ヴィッセル神戸
ヴァンフォーレ甲府
ベガルタ仙台
207 (7)
58 (1)
53 (5)
8 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

内山 俊彦(うちやま としひこ、1978年10月21日 - )は鹿児島県出身の元プロサッカー選手。ポジションはDF

来歴[編集]

JFL時代から9年間、モンテディオ山形でプレーし、J2通算で201試合に出場・6ゴールをあげた。

ヴィッセル神戸のオファーを受け、2007シーズンからは神戸でプレー。同年第4節鹿島アントラーズ戦でJ1公式戦に初めて先発出場した。鹿島戦以降14節連続スタメン出場も果たすもその後は 坪内秀介茂木弘人などにポジションを奪われ出番を減らし、10月末に左足関節外側側副靭帯損傷で離脱した。

怪我から復帰した2008年シーズンでは先述の2人が移籍、負傷離脱したこともありレギュラーとして出場。本職の左SBの他に右SBも務めた。第28節の京都サンガF.C.戦でJ1初ゴールを決めた。

2009年はメンバーから外れることが増え、12月2日に戦力外通告を受けた。2010年からヴァンフォーレ甲府へ移籍。 2011年7月16日G大阪戦(中銀スタ)でJ1、J2通算300試合出場を達成。自らその試合でゴールした。

2012年よりベガルタ仙台へ移籍したが、同年12月6日、契約非更新が発表され1年で退団となった[1]。2013年1月8日、同クラブから現役を引退し、モンテディオ山形ユースコーチに就任することが発表された[2]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1998 山形 14 旧JFL 6 1 - 0 0 6 1
1999 2 J2 15 0 1 0 4 1 20 1
2000 23 0 2 0 1 0 26 0
2001 14 0 0 0 0 0 14 0
2002 13 0 - 1 0 14 0
2003 13 33 0 - 3 1 36 1
2004 28 1 - 2 0 30 1
2005 41 2 - 1 0 42 2
2006 34 3 - 1 1 35 4
2007 神戸 15 J1 19 0 4 0 0 0 23 0
2008 27 1 6 0 1 0 34 1
2009 12 0 4 0 1 0 17 0
2010 甲府 13 J2 33 4 - 1 0 34 4
2011 J1 20 1 0 0 2 1 22 2
2012 仙台 20 8 1 4 0 1 0 13 1
通算 日本 J1 86 3 18 0 5 1 99 4
日本 J2 234 10 3 0 14 3 251 13
日本 旧JFL 6 1 - 0 0 6 1
総通算 326 14 21 0 19 4 366 18

指導歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]