内ヶ島氏理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

内ヶ島氏理(うちがしま うじまさ・うじよし・うじさと、? - 天正13年11月29日1586年1月18日)は、戦国時代の武将。内ヶ島氏最後の当主。飛騨国帰雲城主。幼名夜叉熊。兵庫頭。内ヶ島雅氏の子あるいはその子氏利の子。苗字は「内ヶ嶋」とも。

略譜[編集]

飛騨国白川郷の帰雲城主。山国である飛騨の中でも白川郷は陸の孤島と言ってよいほど峻険な地域であり、又それ故の国力の乏しさから彼を含めた歴代の内ヶ島氏当主はもっぱら白川郷の統治に専念し、外征という形で周辺地域の戦国史に顔を出すことはなかった。 天正4年(1576年)から6年(1578年)にかけては上杉謙信および彼に臣従していた姉小路自綱の侵攻を受けたが、どちらも撃退に成功している。

この戦いを切り抜けた氏理は謙信没後に北陸地方に勢力を伸ばしてきた織田政権、とりわけ越中に勢力を築いた武将佐々成政との接触を図り始める。白川郷に強大な勢力を誇り、飛騨全土の浄土真宗の中心でもあった照蓮寺に対向するため、同じく浄土真宗の石山本願寺と戦っていた織田政権からの応援を見込んだのである。 このため天正13年(1585年)に成政が羽柴秀吉の侵攻(富山の役)を受けた際には援軍として越中に赴いたが、頼みの成政が秀吉の大軍の前に戦わずして剃髪して恭順、氏理も留守中に家臣の内応もあって金森長近に城を奪われてしまう。 ちなみにこれが最初で最後の外征であった。その後金森長近を通じて秀吉側と和睦、内ヶ島氏の家名と所領の安堵はされたが、飛騨一国を治めることになった長近に従属することとなった。

同年11月29日、その日帰雲城では和睦成立を祝う宴が開かれ、氏理本人はもちろん、娘婿の東常堯や嫡子の内ヶ島氏行など内ヶ島一族、重臣の主だったものが勢揃いしていた。 深夜に入り天正地震が発生し、帰雲城は帰雲山山崩れに巻き込まれ完全に埋没。これにより内ヶ島氏は一族郎党一夜にして滅亡したのであった。しかし、氏理の実弟の経聞坊は仏門にあった為に難を逃れ、血族の中では唯一生き残り、この地震に関する書物(経聞坊文書)を残した。

なお、この氏理の居城跡に埋蔵金が埋まっているとの伝説がある。

参考図書[編集]

  • 岐阜県編集発行『岐阜県史 通史編 中世』(1969年発行)
  • 岐阜県編集発行『岐阜県史 通史編 近世 上』(1968年発行)
  • 岐阜県編集発行『岐阜県史 史料編 古代・中世一』(1969年発行)
  • 岐阜県編集発行『岐阜県史 史料編 古代・中世四』(1973年発行)

参考論文[編集]

  • 安達正雄「白山大地震により埋没した「帰雲城」と「木舟城」(『日本海域研究所報告』8号、1976年発行)
  • 安達正雄「白山大地震により埋没した「帰雲城」と「木舟城」―第2報 両城主の家系図の検討―」(『日本海学会誌』1号、1977年発行)
  • 安達正雄「白山大地震により埋没した「帰雲城」と「木舟城」―第3報 内ヶ島系図と石黒氏系図の研究―」(『日本海域研究所報告』9号、1977年発行)
  • 安達正雄「白山大地震により埋没した「帰雲城」と「木舟城」―第4報 内ヶ島氏および石黒氏の家臣達―」(『日本海学会誌』2号、1978年発行)
  • 安達正雄「白山大地震により埋没した「帰雲城」と「木舟城」―第5報 両城主と一向一揆―」(『日本海域研究所報告』10号、1978年発行)
  • 安達正雄「白山大地震により埋没した「帰雲城」と「木舟城」―第6報 両城主をめぐる地震の被害、震度分布、余震等について―」(『日本海学会誌』3号、1979年発行)
  • 安達正雄「帰雲城主・内ヶ嶋氏の歴史と家系」(『北陸都市史学会会報』8号、1986年発行)
  • 安達正雄「飛騨帰雲城と城主・内ヶ嶋氏の史実を探る― 天正大地震の土石流で城と城下町が埋没し、放置されて四百二十年に当り―」(『石川郷土史学会々誌』39号、2006年発行)
  • 安達正雄「五箇山文献に秘められた飛騨・内ヶ嶋氏の史実について―五箇山と川上三箇庄の一部は室町末期、実は内ヶ嶋氏の領地だった?―」(『石川郷土史学会々誌』40号、2007年発行)
  • 安達正雄「木舟城を陥没させ帰雲城を埋没させた天正大地震の真相―天正大地震は連続多発地震だった―」(『石川郷土史学会々誌』42号、2009年発行)
  • 福井重治「飛騨の金銀山と山城」(小菅徹也編『金銀山史の研究』高志書院、2000年発行)


外部リンク[編集]