共通結合機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
共通結合機構
アクティブ共通結合機構から切り離されていくHTV

共通結合機構(きょうつうけつごうきこう、: Common Berthing Mechanism : CBM)とは、国際宇宙ステーションロシア以外の与圧モジュールを接続するのに使われている結合機構である。

共通結合機構は、アクティブ共通結合機構 (ACBM) とパッシブ共通結合機構 (PCBM) の2つで構成されている[1][2]。CBMは、モータ駆動式の16本のボルトで構造結合され、巨大なOリングで気密を保つ。電力、通信、流体ホースをクルーが接続すると結合は完了する。ちなみにクルーの通路となるハッチの開口部は51インチ (130cm) である。

共通結合機構が初めて使われたのは、国際宇宙ステーションのユニティZ1トラスの接続である。ノード1「ユニティ」と、ノード2「ハーモニー」、ノード3は、CBMを各6基有している。

日本の無人補給機である宇宙ステーション補給機 (HTV) や、スペースX社のドラゴンカプセルといった将来の宇宙船の結合にも CBM が使われる。ただし、CBMは自動ドッキング機能は有していないため、結合にはカナダアーム2による接近操作が必要になる。

出典[編集]

  1. ^ The Common Berthing Mechanism (CBM) for International Space Station (PDF)
  2. ^ 共通結合機構 -- JAXA

外部リンク[編集]