共敖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

共敖(きょうごう、? - 紀元前204年)は、末の群雄。項羽によって臨江王に立てられた。

略歴[編集]

義帝の柱国で、南郡を攻めて功績があったため、紀元前206年、秦を滅ぼした後に項羽により臨江王に立てられ、江陵に都を置いた。

同年、項羽の命により衡山王呉芮、九江王英布と共に義帝を殺害する。

高祖3年(紀元前204年)に死亡し、子の共尉が王を継いだ。共尉は高祖5年(紀元前202年)に漢王劉邦が項羽を破った際に劉邦に降伏しなかったため、劉邦は盧綰‎、劉賈を派遣して共尉を撃ち、捕虜とした。

参考文献[編集]