六番町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
六番町駅
六番町駅1番出入口
六番町駅1番出入口
ろくばんちょう - Rokuban-cho
E04 東海通 (1.2km)
(1.1km) 日比野 E02
所在地 名古屋市熱田区四番一丁目10-12
駅番号 E03
所属事業者 名古屋市交通局
名古屋市営地下鉄
所属路線 名港線
キロ程 2.6km(金山起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
6,448人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1971年(昭和46年)3月29日[1]

六番町駅(ろくばんちょうえき)は、愛知県名古屋市熱田区四番一丁目にある、名古屋市営地下鉄名港線である。駅番号はE03

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームをもつ地下駅である。ホームは曲線状の線形の途上にある。2011年3月27日より、駅業務は日本通運に委託されている[5]

駅の開業と同時にバスターミナルが併設された[1]

のりば
1 名港線 名古屋港方面
2 名港線 金山・(名城線直通)大曽根方面

利用状況[編集]

2009年度1日の平均乗車人員は、6,510人である。名港線の駅では、金山、日比野、東海通に次いで4位であった。

国道1号名古屋港まで続く江川線名古屋市道江川線)の交差点に位置し、市バスとの連絡も比較的良好であることから、駅が位置する熱田区内のほか中川区権野方面など幅広い地域から利用客が集まる。[要出典]。また近年、近隣にあおなみ線中島駅が開業したが、その影響は統計で明確に確認できない程度にとどまっている。

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

六番町バスターミナル

名古屋市営バス 六番町バス停

六番町が起終点となる便のみバスターミナルに乗り入れる。

  • 幹神宮2 : 神宮東門 - 六番町 - 権野・中川車庫前
  • 幹神宮2 : 六番町 - 権野・中川車庫前
  • 栄22 : 栄 - 六番町 - 港区役所
  • 高畑18 : 港区役所 - 地下鉄高畑 - 六番町 - 港区役所
  • 東海12 : 六番町 - 河合小橋

三重交通 熱田六番町バス停

  • 50 : 名鉄バスセンター - 熱田六番町 - かの里富田病院前・桑名駅前
  • 61 : 名鉄バスセンター - 熱田六番町 - 南桑名
  • 64 : 名鉄バスセンター - 熱田六番町 - サンビーチ日光川

※このほか、2008年10月15日までは名鉄バスセンター - 熱田六番町 - 長島温泉の60番系統も存在した。

隣の駅[編集]

名古屋市営地下鉄
名港線
東海通駅 (E04) - 六番町駅 (E03) - 日比野駅 (E02)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 新修名古屋市史編集委員会 『新修名古屋市史 第7巻』 名古屋市、1998年3月31日。
  2. ^ a b 「名古屋の地下鉄駅 多額盗難 モニター録画機能なし 犯人、事前把握か」2013年4月3日付中日新聞朝刊、広域社会面10版29ページ
  3. ^ アスベスト除去工事現場からのアスベストの飛散について”. 名古屋市交通局. 2014年1月6日閲覧。
  4. ^ 井部正之. “名古屋地下鉄駅構内でアスベストが高濃度飛散 明かされぬ曝露実態と行政の不手際”. ダイヤモンドオンライン. 2014年1月6日閲覧。
  5. ^ 経営健全化計画に対する取り組み状況 (PDF) (資料3) P.18 - 名古屋市交通局(2013年2月17日閲覧)
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]