六甲アイランドフェリーターミナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイヤモンドフェリー旅客ターミナル。第1バース(左)に接岸するフェリーダイヤモンド(9,023トン)と第2バース(右)に接岸するフェリーせっつ(15,188トン)
海側から見たフェリーバース全景。第2バースに阪九フェリーが停泊中。

六甲アイランドフェリーターミナル(ろっこうアイランドフェリーターミナル)は、神戸港にある旅客船ターミナルの一つ。

概要[編集]

1988年3月に運用が開始された。六甲アイランドの北東、多目的バースの東隣、六甲船客ターミナルがある内貿バースの北西隣に位置する。鋸刃の形状のフェリー専用バース3つを備えている。各バースは運航各社に貸与[1]され、それぞれのバース専用の客船ターミナルビルが設置されている[2] 。なお、その一つである阪九フェリーの客船ターミナルの面積は国内最大級である。

所在地[編集]

〒658-0031 兵庫県神戸市東灘区向洋町東三丁目2番地の1(六甲アイランド北東岸)

施設・フェリーバース[編集]

[3][2]

RF1(第1バース)
水深7.5m、岸壁延長193m、面積17,390m²、旅客ターミナル面積1,164m²
フェリーさんふらわあが、道路を挟んだ埠頭背後地の一部を含め占有的に利用しており、同社の神戸本部が入居する「ダイヤモンドフェリービル」などが設置されている。
  • フェリーさんふらわあ
神戸港 - 大分港
RF2(第2バース)
水深9.0m、岸壁延長266m、面積24,920m²、旅客ターミナル面積1,619m²
阪九フェリーが、道路を挟んだ埠頭背後地の一部を含め占有的に利用している。
  • 阪九フェリー
神戸港 - 新門司港
RF3(第3バース)
水深8.5m、岸壁延長238m、面積22,690m²、旅客ターミナル面積335m²
四国開発フェリーが占有的に利用している。
  • 四国開発フェリー(四国オレンジフェリー)
神戸港 - 新居浜港

交通[編集]

送迎バスは神戸フェリーバスにより、午前9時から最終便出航まで運行されている。運賃は往復とも、当ターミナルからアイランド北口駅までの利用は無料、その他の各駅までは有料。

近隣の旅客船ターミナル[編集]

かつて存在した主な旅客船ターミナル

脚注[編集]

  1. ^ バースマップ(六甲アイランド) - 神戸港埠頭(2011年5月20日閲覧)
  2. ^ a b フェリーバース施設配置図 - 神戸港埠頭(2011年5月20日閲覧)
  3. ^ 六甲アイランドフェリーバース - 神戸港埠頭(2011年5月20日閲覧)
[ヘルプ]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度41分48秒 東経135度17分03秒 / 北緯34.69667度 東経135.28417度 / 34.69667; 135.28417