六本木クラブ襲撃事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
六本木クラブ襲撃事件
Roppongi Roi Building.jpg
事件現場となったロアビル
正式名称 六本木五丁目雑居ビル飲食店内における殺人事件(警視庁
場所 日本東京都港区六本木
ロアビル内のクラブフラワー
標的 山口組極心連合会系暴力団員?
日付 2012年9月2日
約1分間
午前3時40分頃 – 午前3時41分頃
概要 凶器を用いた集団リンチ殺人
原因 人違い?
攻撃手段 急襲
攻撃人数 9名(うち6名が実行)
武器 金属バット
死亡者 飲食店経営の男性(当時31歳)
負傷者 被害者の友人2名
犯人 関東連合関係者
計19名
容疑者 凶器準備集合
傷害致死
管轄 警視庁麻布警察署

六本木クラブ襲撃事件(ろっぽんぎクラブしゅうげきじけん)とは、2012年9月2日東京都港区六本木で発生した殺人事件[1]六本木五丁目雑居ビル飲食店内における殺人事件警視庁[2]六本木クラブ集団暴行死事件[3]とも。

2012年9月2日午前3時40分ごろ、東京・六本木のロアビル2階に位置するクラブ、フラワーにおいて、来店客であった当時31歳の男性が、金属バットを持って店内に乱入してきた10人ほどの目出し帽姿の男性グループによって袋叩きにされ殺害された[4]。死因は頭蓋骨損傷による失血死または脳幹部損傷とみられた[5]。ほか同席していた友人2名も殴られ軽傷を負うに至った[6]

事件当時、店内では音楽イベントが開催されており、大音量のなかで200人から300人の客が居合わせたものの、VIPルームでの出来事であったことからほとんどの客が事件に気付かなかった[7]。男性3人・女性2人の計5名とともに酒席にあった被害者を男らは無言で急襲、およそ1分間にわたって集団で一方的に暴行を加えていた[8]。事件後、男らはワゴン車2台に分乗し東京・東大和市方面へ逃走[9]。さらに同市を経由し埼玉県内へ逃走した[10]

暴走族グループ、関東連合と他グループとの対立抗争に絡んだ人違いにより起こった事件とされている[11]。2010年に発生した朝青龍事件海老蔵事件などと並んで、関東連合が関与した著名な事件のうちの1つとなっている[12]。2013年に警察庁による新規定、準暴力団が新設されるきっかけとなった事件でもあった[13]。この事件の一影響として、六本木の街の勢力図に異変が生じたとも言われる[14]

捜査[編集]

事件発生後の9月7日、容疑者グループが映った防犯カメラの映像と容疑者5名の写真を警視庁が公開[15]。映像には目出し帽姿の男らが金属バットを手に持ち歩く様子などが映っていた[16]。この公開映像に対し、暴走族グループの関東連合元メンバーらの関与を指摘する情報が寄せられ、さらに、犯行後の逃走に使われたワゴン車2台のうちの1台が関東連合元メンバーが役員を務める東京都内の会社の名義であったことが判明、同社を殺人容疑で家宅捜索[17]。10月に入り、事件後にスタジオゲートと改名していたフラワーの経営関係者ら8人を同店の無許可営業容疑(風営法違反)で逮捕した[18]

12月、警視庁は麻布警察署捜査本部を設置[19]刑事部捜査第一課に加え、組織犯罪対策部からも人員を投入[20]。捜査本部は凶器準備集合容疑で17人の逮捕状を取得、2013年1月9日、捜査本部は詐欺罪などで公判中の石元太一および前年12月9日に出頭し事情聴取していた2名の逮捕状を取った[21]。ほか一部メンバーが事件後に韓国中国ハワイ等に出国していたため外務省が前年12月19日に旅券返納命令を出していたが、1月10日、帰国した数名を含む関東連合関係者8名(前述3名も含む)を逮捕[22]。その後、21日までに関東連合OBならびに関係者らが計18人逮捕された[23]

事件の主導役と目されフィリピン潜伏中と見られる当時33歳の関東連合元メンバーが、2013年2月21日に警視庁から殺人や凶器準備集合などの疑いで指名手配され、同年2月22日に国際手配された[24]。現在も警視庁により指名手配されていると同時に国際刑事警察機構より国際手配されている。

2013年1月31日には9人が殺人容疑で再逮捕[25]。しかし、集団で殺害した場合は殺意の立証が困難と判断し、東京地方検察庁殺人罪の適用を見送り傷害致死罪起訴する方針を固めた[26]。3人が処分保留で釈放され、15人が凶器準備集合罪で起訴され、凶器準備集合罪で起訴された15人中9人が傷害致死罪で起訴されている。

映像外部リンク
防犯カメラの映像 共同通信
防犯カメラの映像 読売新聞
防犯カメラの映像 毎日新聞
防犯カメラの映像 時事通信

加害者の素性[編集]

この事件では合計19名に逮捕状が出るに至った[27]。事件の首謀者とされる人物を除く18名が2013年までに逮捕されている[28]。起訴状によれば、現場となったクラブに実際に押し入ったのは9名で、直接手を下したのはそのうち6名[29]。現場で実行犯となった人物の証言によれば、19名中、関東連合の元メンバーは主犯格と石元とその人物を含む5名[30]。19名中ほとんどの者は関東連合の元メンバーではなかった[31]。警察当局の当初からの見立てでは、この事件の加害側関係者には暴力団山口組弘道会や山口組系山健組に籍を置く関東連合の関係者らが含まれていた[32]。その点から警察当局が注目したのが、同じ山口組でも異なる系列の組員さえ動かす主犯格の関東連合内外に対する権勢であったという[33](主犯格自身は暴力団には所属していなかった)。

被害者の素性[編集]

被害者となった男性は当時東京・中野区上高田在住の31歳の飲食店経営者[34]長野県出身で、大学中退後、塗装関係の営業職から東京・高円寺キャバクラボーイを経て、やがて複数のキャバクラ店舗を経営するようになる[35]。事件当時は、東京・杉並区内でキャバクラを経営するとともに、渋谷区内でガールズバーと焼肉店を合わせた業態の店を経営していた[36]。事件に絡み、手広く飲食店を手掛けていたことから加害側にあたる関東連合と何らかのトラブルを抱えていたのではないかという噂が流れもしたものの、いびつな絆 関東連合の真実の著者にあたる関東連合OBによれば、実際には関東連合との接点はなく、トラブルとなるような事柄もなかった[37]。一部のインターネットの掲示板上などでは在日韓国人説なども流布し、それを事件発生の原因と関連付けるような内容の風説が流れたものの、根も葉もない誤情報であった[38]。事件現場となった六本木5丁目のクラブ、フラワーの常連客で、来店の際にはいつも同じVIP席に座っており、事件当日も予約したうえで、VIPのソファ席にて友人男女5名と酒席をともにしていたという[39]

人違いの背景[編集]

取り調べに対し容疑者の一部が人違いであったと供述[40]。背景として、関東連合OBらの証言によれば、2008年に主犯格の誕生日にあたる3月16日、ある男性が東京・西新宿の路上で襲撃を受ける事件が発生[41]。金属バットで武装した集団によるその襲撃で死亡するに至ったその男性は関東連合の関係者で、グループOBは対立グループを率いる元暴力団幹部を犯人とみなし行方を追っており、その幹部と被害者の特徴が似ていたことから容疑者らが勘違いして襲撃を計画した疑いが持たれた[42]。ライターの鈴木智彦週刊文春2013年1月号誌上でいち早くこの人違い説を発表[43]。逮捕された関東連合OBのうち数名は逮捕前の任意事情聴取の段階で人違いによる襲撃であったことを示唆する供述を行っており、捜査本部も捜査の過程で人違いによる犯行と断定するに至った[44]

この元暴力団幹部は少年時代、西新宿で撲殺された男と同じギャング集団(関東連合ともつながりを有するジャックス)に兄と一緒に所属していた人物であった[45]。いびつな絆 関東連合の真実の著者にあたる関東連合OBの記すところによると、事件以前より、関東連合に敵対視され、その行方を執拗に追われながらも唯一、関東連合に制圧されない勢力を築き率いていたのがこの兄弟であった[46]。その敵対関係は事件に至るまで10年以上にわたって継続していたもので、件の西新宿の事件はもとより、東京都内の各所で暴力事件を伴う衝突を繰り返していた[47]

日本人と東南アジア系のハーフと言われるこの兄弟の弟は山口組極心連合会系暴力団を破門となった人物で、短髪に浅黒い肌、はっきりとした目鼻立ち、屈強な体格、そして当時の怪我が原因となっての右足を引きずるような歩き方、という外観的特徴が当時フラワーの従業員であった人物に伝えられており、被害者の男性も当時怪我で右足を引きずっていたことがこのたびの人違いを生む要因となった[48]

裁判[編集]

2013年8月9日、東京地方裁判所鬼沢友直裁判長は凶器準備集合罪のみで起訴された6人に懲役1年6月、執行猶予4年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。前科がないことや従属的立場だったことが考慮された。傷害致死罪で起訴された残りの9人は裁判員裁判で審理されることになり、鬼沢裁判長は1人に懲役15年、4人に懲役13年、1人に懲役12年、石元に懲役11年(求刑懲役22年)、1人に懲役10年、1人に懲役8年を言い渡した。

2014年4月22日、東京高等裁判所は、「遺族に弁償金を支払った」として一審を破棄し、一審で懲役15年、懲役13年、懲役12年を言い渡された3名に対してそれぞれ2年減刑し、懲役13年、懲役11年、懲役10年を言い渡した。

2014年12月18日、東京高等裁判所は「一審判決は石元の責任を過小評価した」として一審判決を破棄し、石元に懲役15年を言い渡した。

類似事件[編集]

本件と犯行態様が類似した、同じく関東連合の関与が疑われた事件が2件ある。

  • 2008年3月16日 - 東京・西新宿の路上で輸入販売会社社員が、自宅前で待ち伏せしていた10数人の男に命乞いをするも金属バット等で執拗に殴られ死亡した[49]
  • 2011年12月14日 - 東京・六本木のキャバクラで、来店していた山口組暴力団幹部ら数名が、押しかけてきた20人程度の関東連合・住吉会関係者の男らにビール瓶等で暴行され一時意識不明の重体となった[50]。被害者側は山口組系落合金町連合の組員で、この件と本件との関わりを示唆する見方も示されている[51]。2012年12月に不良グループ怒羅権の元リーダーで指定暴力団住吉会系組員の男ら4人に傷害罪容疑で逮捕状が出た[52]

文献等[編集]

事件の翌年にあたる2013年に、関東連合の元幹部にあたる人物が事件の背景を詳細に記したノンフィクション書籍、『いびつな絆 関東連合の真実』が宝島社より出版された[53]。ベストセラーとなったこの書は事件の容疑者2名の初公判にも多大な影響を与えたという[54]。2014年には事件の加害者側(関東連合)と本来の標的側の双方と長年にわたり近しい関係にあった瓜田純士が事件の背景についてを記した、『遺書 関東連合崩壊の真実と、ある兄弟の絆』が太田出版より出版された[55]。容疑者のうちの1名にあたる石元が事件についてを拘留中に記した、『反証 六本木クラブ襲撃事件「逮捕からの700日」』も双葉社より同年に出版されている[56]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “六本木五丁目雑居ビル飲食店内における殺人事件”. 麻布警察署/MSN産経ニュース. (2013年6月5日). http://sankei.jp.msn.com/unsolved/news/130603/knt13060315430030-n1.htm 
  2. ^ 六本木五丁目雑居ビル飲食店内における殺人事件 警視庁
  3. ^ “【六本木暴行死】公開防犯カメラ映像「似ている」と指摘 関東連合元リーダー逮捕状+(3/3ページ)”. MSN産経ニュース. (2013年1月10日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130110/crm13011008490004-n3.htm 記事のアーカイブ)、“六本木クラブ集団暴行死事件”. (Yahoo!ニュース). http://news.yahoo.co.jp/list/?t=roppongi_club_case 記事のアーカイブ
  4. ^ ハード・ノンフィクションの巨匠、溝口敦著 『溶けていく暴力団』 第三章「飛んでる半グレ集団」全文公開!(4/8) 溝口敦、現代ビジネス 2013年11月4日
  5. ^ “顔見知りの犯行か 迷わずVIP席へ、被害者が事前に予約”. MSN産経ニュース. (2012年9月4日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120904/crm12090401300001-n1.htm 記事のアーカイブ
  6. ^ “飲食店に目出し帽集団乱入 客の男性殴り死なす 東京・六本木”. MSN産経ニュース. (2012年9月2日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120902/crm12090209400005-n1.htm 記事のアーカイブ
  7. ^ “六本木クラブで起きた異様な殺人事件 暴走族OB「半グレ集団」犯行との見方も”. J-CASTニュース. (2012年9月3日). http://www.j-cast.com/2012/09/03145019.html?p=all 
  8. ^ “六本木で集団暴行殺人 目出し帽の男ら10人が男性襲撃”. スポニチアネックス. (2012年9月3日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/09/03/kiji/K20120903004031490.html 
  9. ^ “六本木クラブ撲殺は人違い?”. 日刊スポーツ. (2012年10月4日). http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20121004-1027367.html 記事のアーカイブ
  10. ^ “六本木・襲撃後、車乗り換え逃走 東京、静岡で2台押収”. 共同通信. (2012年12月30日). http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012123001001298.html 
  11. ^ “【法廷から】「先輩の言うことは絶対」…六本木クラブ金属バット襲撃事件、背景にゆがんだ上下関係+(1/5ページ)”. MSN産経ニュース. (2013年10月14日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131014/trl13101407000003-n1.htm [リンク切れ]
  12. ^ “いびつな絆 「関東連合」の闇 逃亡続けるリーダー「カリスマ性失う」”. 産経新聞/ライブドアニュース. (2013年1月13日). http://news.livedoor.com/article/detail/7310681/ 記事のアーカイブ
  13. ^ 「準暴力団」とは何だ 緒方健二、WEBRONZA 2013年4月9日
  14. ^ 「半グレ」集団が消え去ることはあり得ない 小野登志郎、WEBRONZA 2013年2月22日
  15. ^ “動画特集 容疑者グループの画像公開=六本木男性暴行死-警視庁”. 時事通信. (2012年9月8日). http://www.jiji.com/jc/movie?p=top536-movie02 
  16. ^ “東京・六本木の集団暴行事件”. 共同通信. (2012年9月7日). http://www.47news.jp/movie/general_national/post_7483/ 
  17. ^ 工藤明男 (2013). いびつな絆 関東連合の真実:逮捕状に怯える日々. 宝島社. p. 186-187. ISBN 978-4-8002-0991-7.  引用元:東京・六本木のクラブ襲撃:元暴走族ら15人に逮捕状 凶器準備集合容疑(毎日新聞 2012年12月6日)
  18. ^ “無許可営業容疑で逮捕 襲撃事件の六本木クラブ”. スポニチアネックス. (2012年10月1日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/10/01/kiji/K20121001004236470.html 
  19. ^ “容疑者7人に旅券返納命令 六本木襲撃後、国外逃亡”. スポニチアネックス. (2012年12月19日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/12/19/kiji/K20121219004808510.html 
  20. ^ 夜の盛り場で何が起きているのか? 六本木襲撃事件のクラブ摘発で勢いを増す捜査権力の暴力集団「半グレ」徹底排除(1/3) 伊藤博敏、現代ビジネス 2012年10月4日
  21. ^ “関東連合元リーダーに逮捕状 OBら呼び寄せか”. MSN産経ニュース. (2013年1月9日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130109/crm13010921420015-n1.htm 記事のアーカイブ
  22. ^ “実行犯ら8人を逮捕 海外逃亡組は5人”. MSN産経ニュース. (2013年1月10日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130110/crm13011015320017-n1.htm 記事のアーカイブ
  23. ^ “六本木クラブ殴殺事件 凶器準備集合容疑で逮捕者18人に”. スポニチアネックス. (2013年1月22日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/01/21/kiji/K20130121005031770.html 
  24. ^ “暴走族元幹部を公開手配 六本木襲撃事件”. 日本経済新聞. (2013年2月21日) 記事のアーカイブ)、“海外逃亡中の主犯格の男を国際手配 殺人などの容疑で”. MSN産経ニュース. (2013年2月26日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130226/crm13022614150007-n1.htm 記事のアーカイブ
  25. ^ “警視庁、六本木襲撃で9人再逮捕 殺人容疑で関東連合元リーダーら”. 共同通信. (2013年1月31日). http://www.47news.jp/CN/201301/CN2013013101001823.html 
  26. ^ “六本木襲撃、殺人罪見送り 傷害致死罪で起訴へ”. 共同通信. (2013年2月21日). http://www.47news.jp/CN/201302/CN2013022101000944.html 
  27. ^ “【追跡 指名手配犯】六本木集団暴行死・○○容疑者 関東連合元リーダー フィリピンに潜伏?+(1/3ページ)”. MSN産経ニュース. (2013年2月24日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130224/crm13022418010011-n1.htm 記事名に実名が使われているため、その箇所を伏字とした。
  28. ^ “【衝撃事件の核心】六本木襲撃事件 関東連合元リーダーはどこへ? フィリピンで消えた足跡を追え+(2/3ページ)”. MSN産経ニュース. (2013年5月3日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130503/crm13050307010001-n2.htm 
  29. ^ “【法廷から】「先輩の言うことは絶対」…六本木クラブ金属バット襲撃事件、背景にゆがんだ上下関係+(2/5ページ)”. MSN産経ニュース. (2013年10月14日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131014/trl13101407000003-n2.htm [リンク切れ]
  30. ^ “【法廷から】「先輩の言うことは絶対」…六本木クラブ金属バット襲撃事件、背景にゆがんだ上下関係+(3/5ページ)”. MSN産経ニュース. (2013年10月14日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131014/trl13101407000003-n3.htm [リンク切れ]
  31. ^ 工藤明男 (2013). いびつな絆 関東連合の真実:人違い殺人のいびつな背景. 宝島社. p. 215. ISBN 978-4-8002-0991-7. 
  32. ^ 工藤明男 (2013). いびつな絆 関東連合の真実:関東連合の暴力団化. 宝島社. p. 137. ISBN 978-4-8002-0991-7. 
  33. ^ 工藤明男 (2013). いびつな絆 関東連合の真実:関東連合の暴力団化. 宝島社. p. 138. ISBN 978-4-8002-0991-7. 
  34. ^ “死亡したのは飲食店経営の31歳 六本木の集団乱入事件 無言で殴り続ける”. MSN産経ニュース. (2012年9月2日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120902/crm12090218210011-n1.htm 記事のアーカイブ
  35. ^ “六本木「金属バット撲殺事件」と「芸能界の闇」 vol.1(1/2)”. デジタル大衆/エキサイトニュース. (2012年9月24日). http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20120924/Taishu_entertainment250.html 
  36. ^ “六本木クラブ殺人 「鉄パイプで頭メッタ打ち」覆面集団の正体 「捜査線上に関東連合と外国人が浮上した」”. アサ芸プラス/エキサイトニュース. (2012年9月20日). http://news.livedoor.com/article/detail/6968376/ 
  37. ^ 工藤明男 (2013). いびつな絆 関東連合の真実:なぜ人違い殺人に?. 宝島社. p. 40. ISBN 978-4-8002-0991-7. 
  38. ^ 工藤明男 (2013). いびつな絆 関東連合の真実:なぜ人違い殺人に?. 宝島社. p. 40-41. ISBN 978-4-8002-0991-7. 
  39. ^ “被害者はVIP席常連 六本木暴行殺人、座る場所確認か”. 朝日新聞. (2012年9月3日). http://www.asahi.com/national/update/0903/TKY201209030120.html 記事のアーカイブ
  40. ^ “六本木クラブ襲撃事件 関東連合OBらを殺人容疑で再逮捕へ”. スポニチアネックス. (2013年1月30日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/01/30/kiji/K20130130005094910.html 
  41. ^ “六本木クラブ襲撃:国際手配中のリーダーの供述不可欠”. 毎日新聞. (2013年12月9日). http://mainichi.jp/select/news/20131209k0000e040136000c.html 記事のアーカイブ
  42. ^ “六本木襲撃 元暴走族ら8人逮捕 主犯格の男、逃亡中”. 東京新聞. (2013年1月11日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013011102000107.html 記事のアーカイブ
  43. ^ 久田将義 (2013). 関東連合 六本木アウトローの正体:六本木フラワー事件>人違い説とトラブル説. ちくま新書. p. 158. ISBN 978-4-480-06733-3. 
  44. ^ “【六本木集団暴行死】「人違い」断定 新たに7人逮捕”. MSN産経ニュース. (2013年1月11日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130111/crm13011119420027-n1.htm 記事のアーカイブ
  45. ^ 工藤明男 (2013). いびつな絆 関東連合の真実:〝異常〟な肉体. 宝島社. p. 253-254. ISBN 978-4-8002-0991-7. 
  46. ^ 工藤明男 (2013). いびつな絆 関東連合の真実:〝異常〟な肉体. 宝島社. p. 253. ISBN 978-4-8002-0991-7. 
  47. ^ “捜査怠慢が生んだ「半グレ抗争」(2/2)”. FACTA. (2013年2月3日). http://facta.co.jp/article/201302037002.html 
  48. ^ 工藤明男 (2013). いびつな絆 関東連合の真実:なぜ人違い殺人に?. 宝島社. p. 41. ISBN 978-4-8002-0991-7. 
  49. ^ 神尾啓子. “西新宿・早朝の凶行 芸能界に太いパイプを持つ被害者が襲撃された現場と背景ーー”. 日刊サイゾー. 2013年1月12日閲覧。
  50. ^ “住吉会系組員を逮捕 関東連合OBも関与か 東京・六本木の山口組系幹部ら集団暴行事件”. MSN産経ニュース. (2012年11月26日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121126/crm12112602070000-n1.htm 2013年1月12日閲覧。 記事のアーカイブ)「落合金町連合#事件関係」も参照。
  51. ^ “第8回 難航する六本木「フラワー」襲撃事件の闇 - 2 -”. MSNドニッチ!. (2012年10月5日). http://donicchi.jp.msn.com/opinion/hisada_masayoshi/%E7%AC%AC8%E5%9B%9E%E3%80%80%E9%9B%A3%E8%88%AA%E3%81%99%E3%82%8B%E5%85%AD%E6%9C%AC%E6%9C%A8%E3%80%8C%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%80%8D%E8%A5%B2%E6%92%83%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E3%81%AE%E9%97%87?page=2 [リンク切れ]
  52. ^ 六本木襲撃、実行犯特定 怒羅権元リーダーら4人に逮捕状”. 産経新聞 (2012年12月20日). 2013年2月10日閲覧。
  53. ^ “「六本木クラブ襲撃事件」の背景とは 関東連合元幹部が「決死の思い」で暴露本”. J-CASTモノウォッチ. (2013年7月27日). http://www.j-cast.com/mono/2013/07/27179775.html 
  54. ^ “関東連合元幹部、工藤明男の独占手記公開!~六本木クラブ襲撃事件の公判に大きな影響を与えた『いびつな絆』~”. 宝島. (2013年12月10日). http://blog.takarajima.tkj.jp/archives/1876272.html 
  55. ^ “関東連合が唯一制圧できなかった兄弟と、苦悩する親友の物語。瓜田純士『遺書』(1/4)”. エキサイトレビュー. (2014年5月7日). http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20140507/E1399398233529.html 
  56. ^ <書籍紹介>『反証――六本木クラブ襲撃事件「逮捕からの700日」』(石元太一。双葉社) 山岡俊介/アクセスジャーナル 2014年7月13日

外部リンク[編集]