六和塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

六和塔( liù hé tǎ 、りくわとう)は、中国浙江省杭州市に建てられた塔。

杭州市街の南方、銭塘江沿いの月輪山に位置する。高さ59.89メートル、敷地面積約890平方メートル。7階建ての塔身は南宋時代のもので、13層の外層は末に増築されたもの。したがって、外観は13階だが、中を登ると7階しかない。

歴史[編集]

北宋開宝3年(970年)、銭塘江の逆流を鎮めることを願い、智覚禅師によって建てられた。また、塔の明かりは、川を行きかう船のための灯台の役割も果たした。

北宋の宣和年間、方臘の乱のために焼失した。南宋紹興22年(1152年)、僧侶智曇のはたらきかけにより、現在まで残る磚(レンガ)造りの塔身が再建された。

清の光緒26年(1900年)に木造の外層が造られた。

 
 
 

文学作品とのかかわり[編集]

水滸伝』の登場人物、魯智深は、六和塔で錢塘江の逆流の音を聞き、自らの因縁を悟って円寂(僧侶が亡くなること)した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 明・田汝成『西湖遊覧志』(上海古籍出版社、1980年)
  • 山口修、鈴木啓造 編『中国の歴史散歩 3』(山川出版社、1996年 アジア歴史散歩シリーズ)

座標: 北緯30度11分53.70秒 東経120度07分35.70秒 / 北緯30.1982500度 東経120.1265833度 / 30.1982500; 120.1265833