八識

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

八識(はっしき、はちしき)といは、仏教の意識作用の8種をいう。4世紀のインドに興った瑜伽行唯識学派によって立てられた。

なお、天台宗では、さらに第九・阿摩羅識を立てて全九識とする。また真言宗ではさらに第十・乾栗陀耶識を立て全十識とする。

関連項目[編集]