八田真行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
八田真行
別名 mhatta
生誕 1979年7月31日(34歳)
日本の旗 日本東京都練馬区
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学
研究機関 駿河台大学
主な概念 GNUDebian両プロジェクトへの貢献
公式サイト
Masayuki Hatta a.k.a. mhatta
テンプレートを表示

八田 真行(はった まさゆき、1979年昭和54年)7月31日 - )は日本人の経営学者ハッカー翻訳家コラムニスト

オープンソースの定義の翻訳[1]GNU GPLGNU LGPLGNU FDL(GFDL)などGNUライセンス群の邦訳者、フリーソフトウェア/オープンソースFLOSS)に関するコラムの執筆者として知られる。

略歴[編集]

東京都練馬区生まれ。東京学芸大学附属高校在学中に米国ニューヨーク州へ留学。東京大学経済学部、同大学院経済学研究科修士課程を修了。同大学院経済学研究科博士後期課程を満期単位取得退学。大学院では法と経済学組織論を専攻。財団法人知的財産研究所特別研究員を経て、現在、駿河台大学経済学部専任講師[2]GLOCOM客員研究員[3]

高校在学中よりフリーソフトウェア/オープンソース関連の活動を開始[4]2000年よりDebianの公式開発者[5]2003年から2004年にかけてGNUのチーフ翻訳コーディネータ[6]2006年から2007年にかけてはGPLv3ディスカッション・コミッティー(Committee D)の委員[7]を務めた。

また、2003年にはjapan.linux.com(現SourceForge.JP Magazine)の立ち上げに参与し、主筆となる。2004年からはスラッシュドットジャパンの編集者[8]SourceForge.JPの管理者も務めている。

近年ではウェブメディア上におけるFLOSS関連のコメントを行う他、2007年ウィキマニア 2007、2009年のWikimedia Conference Japan 2009で講演を行っている。また2010年12月には、内部告発ウェブサイトウィキリークスに関するインタビューを受けている。

2003年には、週刊ダイヤモンドに「トロンマイクロソフトに"和解"を促した共通の敵」(宿敵同士の意見が一致『リナックスのモデルは国を滅ぼす』)という記事が掲載されたが、この件に関しての反論をjapan.linux.comに掲載した[9]。ただ、対象とした週刊ダイヤモンドの記事の一部はTRONプロジェクトの提唱者坂村健やマイクロソフト株式会社(当時)の古川享から直接コメントを得たものではなく、その点に関し記事内で曲解していたため、後日訂正記事が掲載されている[10]

メディア出演[編集]

著書[編集]

  • 共著:『日本人が知らないウィキリークス』 (新書y) 洋泉社 2011年 ISBN 4862486932

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オープンソースの定義”. www.opensource.jp (2004年2月21日). 2011年2月26日閲覧。
  2. ^ 八田真行の講義用ブログ | 八田真行(駿河台大学経済学部専任講師)
  3. ^ GLOCOM全所員一覧
  4. ^ 八田真行 (2007年11月1日). “So long itojun (don't stay over there too long)”. SourceForge.JP Magazine. 2011年3月11日閲覧。
  5. ^ http://qa.debian.org/developer.php?login=mhatta@debian.org
  6. ^ GNU's Webmasters Past and Present
  7. ^ Committee D members
  8. ^ スラッシュドット・ジャパン: Authors
  9. ^ ご冗談でしょう、坂村健さんSourceForge.JP Magazine
  10. ^ 困ります、八田真行さんSourceForge.JP Magazine

外部リンク[編集]