八戸かおり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
八戸 かおり
基本情報
ラテン文字 Kaori HACHINOHE
原語表記 はちのへ かおり
日本の旗 日本
出生地 北海道函館市
生年月日 1964年1月4日(51歳)
身長 162cm
選手情報
階級 女子61㎏級
引退 1986年
 
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 柔道
世界柔道選手権
1984 ウィーン 61kg級
アジア柔道選手権
1985 東京 61kg級
2015年5月9日現在
テンプレートを表示

八戸 かおり(はちのへ かおり、1964年1月4日 - )は、北海道函館市出身の日本の女子柔道家。61kg級の選手。身長162cm。得意技は大外刈と寝技[1]。現姓は森山。

人物[編集]

小中学生の頃は水泳を習っていて、全国レベルで活躍する。さらに柔道も中学2年で始める[1]遺愛女子高校に入学すると柔道に専念して、早くも全日本女子体重別の上位に入る活躍を見せ、東海大学に入学後はついに体重別で優勝を果たし、大学3年の時には世界選手権で3位に入る。

また、無差別の全日本選手権の第1回大会では61kg級の選手ながら、体重を70Kg近くまで増量して出場[2]、決勝では自分より50kgも重い松本宣子と対戦して判定勝ちを収めて優勝を飾った[1][2]。ちなみに翌年のこの大会には、テレビ放映したNHKのリポーターとして登場した[3]

このように好結果を残しながらも、大学卒業後は競技生活から退いて郷里の北海道で高校の教員になる道を選んだ[2]。その後は神奈川県教育委員会に勤務することになり[1]、現在は現在は新羽高校の教員を務め[4]、柔道部の顧問教師でもある[2]

主な戦績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「入門! 一流の技術」近代柔道 ベースボールマガジン社、2010年2月号、92頁
  2. ^ a b c d 柔道全日本の初代女王は現在51歳「生まれ変わっても柔道がしたい」 産経新聞 2015年5月9日閲覧
  3. ^ 「編集後記 今月のうらばなし」近代柔道 ベースボールマガジン社、1987年6月号、96頁
  4. ^ 柔道9連覇の塚田真希さんらレジェンド10人が集合 日刊スポーツ 2015年4月19日

外部リンク[編集]