八幡浜駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
八幡浜駅
駅舎
駅舎
やわたはま - Yawatahama
U17 千丈 (2.2km)
(4.7km) 双岩 U19
所在地 愛媛県八幡浜市江戸岡一丁目11-5
駅番号 U18
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 予讃線
キロ程 262.8km(高松起点)
電報略号 ヤハ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
993人/日(降車客含まず)
-2009年-
開業年月日 1939年昭和14年)2月6日
備考 みどりの窓口

八幡浜駅(やわたはまえき)は愛媛県八幡浜市江戸岡一丁目にある、四国旅客鉄道(JR四国)予讃線である。駅名標のコメントは「みかんの香る四国最西端の駅」。

八幡浜市の代表駅で、全特急列車が停車する。九州方面へのフェリー航路および、佐田岬半島三崎港)方面への路線バスの乗換駅である。

歴史

駅構造

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。駅舎側から単式ホーム(1番線)、島式ホーム(2番線・3番線)となっており、特急列車は全て、松山方面が1番線から、宇和島方面が2番線から発着する。3番線は特急列車の待避および当駅始発の列車が主に使用する。

直営駅であり、みどりの窓口(営業時間は5時30分から21時50分)や自動券売機が設置されている。また、みどりの窓口横には旅行センター「八幡浜駅ワーププラザ」(営業時間は9時30分から17時30分、土休日休業)のほか、コンビニエンスストアビッグキヨスク)がそれぞれ設けられている。[1]

かつて通票閉塞が施行されていた頃には当駅を通過する列車が存在したため、タブレット授受器が1、2番線に設置されていた。

のりば
1 予讃線 (上り) 伊予大洲松山高松岡山方面 (特急を含む)
2 予讃線 (下り) 卯之町宇和島方面 (特急を含む)
3 予讃線 (上り) 伊予大洲・松山方面 (一部の普通のみ)
(下り) 卯之町・宇和島方面 (一部の普通のみ)

利用状況

1日平均の乗車人員は以下の通りである[2]

  • 2000年度:1,247人
  • 2001年度:1,211人
  • 2002年度:1,149人
  • 2003年度:1,142人
  • 2004年度:1,113人
  • 2005年度:1,143人
  • 2006年度:1,098人
  • 2007年度:1,083人
  • 2008年度:1,054人
  • 2009年度:993人

駅周辺

八幡浜市の中心部からは、やや離れている。

路線バス

隣の駅

※特急「しおかぜ」・「いしづち」・「宇和海」の停車駅は各列車記事を参照。

四国旅客鉄道
予讃線
千丈駅 (U17) - 八幡浜駅 (U18) - 双岩駅 (U19)

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 外部リンク(JR四国)より。(2013年9月19日閲覧)
  2. ^ 愛媛県統計年鑑より。
  3. ^ 八幡浜港フェリーのりば(アクセス) - 宇和島運輸(2013年9月19日閲覧)

関連項目

外部リンク

  • 八幡浜(駅の情報) - JR四国ツアー(四国旅客鉄道)