八家駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
八家駅
Yaka Station 01.jpg
やか - Yaka
SY 36 的形 (2.0km)
(1.4km) 白浜の宮 SY 38
所在地 兵庫県姫路市八家前浜
駅番号 SY 37
所属事業者 山陽電気鉄道
所属路線 本線
キロ程 46.2km(西代起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
2,903人/日
-2007年-
開業年月日 1923年大正12年)8月19日
備考 無人駅

八家駅
配線図

的形駅

STRg STRf
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
SKRZ-G2BUE
STRg STRf

白浜の宮駅

八家駅上下線ホーム

八家駅(やかえき)は、兵庫県姫路市八家前浜にある、山陽電気鉄道本線。駅番号はSY 37

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の地上駅。駅舎は姫路方面行ホーム姫路寄りにあり、反対側の神戸方面行ホームへは構内踏切で連絡している。改札窓口は無人化されている。

のりば[編集]

(駅舎側) 本線(下り) 飾磨姫路網干方面
(反対側) 本線(上り) 明石三宮大阪方面

※のりば番号は設定されていない。

利用状況[編集]

乗降者数 2,903人(2008年11月11日調査)

駅周辺[編集]

八家地区は灘のけんか祭りで知られる松原八幡神社の氏子の旧七カ村の一つである。駅は八家川の東岸にある。川の西岸は住宅や工場の密集地であるのに対し、東岸は小高い山が連なっていて、飾磨方から来るとおおむね当駅を境に車窓の雰囲気が変わってくる。

接続バス[編集]

神姫バス

  • 93系統山電八家駅前バス停(的形循環線 姫路駅南口行)

歴史[編集]

  • 1923年大正12年)8月19日 - 神戸姫路電気鉄道開業と同時に設置。
  • 1927年昭和2年)4月1日 - 神戸姫路電気鉄道が宇治川電気により合併され、同社の駅となる。
  • 1933年(昭和8年)6月6日 - 宇治川電気の鉄道部門が分離され、山陽電気鉄道の駅となる。
  • 1966年(昭和41年)12月1日- それまで旅客とともに貨物輸送に大きな役割を果たしてきたが、貨物の小口扱いの廃止によって貨物営業を廃止。
  • 1968年(昭和43年)
    • 8月 - 貨物側線および渡り線を撤去。
    • 12月 - ホームを4連用に延長。

隣の駅[編集]

山陽電気鉄道
本線
特急・直通特急
通過
S特急・普通
的形駅 (SY 36) - 八家駅 (SY 37) - 白浜の宮駅 (SY 38)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]