八丁堀駅 (東京都)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
八丁堀駅
A1出入口(2005年7月10日)
A1出入口(2005年7月10日)
はっちょうぼり - Hatchobori
所在地 東京都中央区八丁堀
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ・駅詳細
東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細
B2出口(2005年7月10日)

八丁堀駅(はっちょうぼりえき)は、東京都中央区八丁堀にある、東京地下鉄(東京メトロ)・東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。

歴史[編集]

乗り入れ路線[編集]

東京メトロの日比谷線と、JR東日本の京葉線の2社2路線が乗り入れ、接続駅となっている。

東京メトロの駅には「H 11」の駅番号が与えられている。

JR東日本の駅には、京葉線の列車(特急以外全て) のほか、西船橋駅から武蔵野線に乗り入れる列車も停車する。また、特定都区市内制度における「東京都区内」に属している。

駅構造[編集]

東京メトロ[編集]

東京メトロ 八丁堀駅
はっちょうぼり - Hatchobori
H 10 築地 (1.0km)
(0.5km) 茅場町 H 12
所在地 東京都中央区八丁堀二丁目22-5
駅番号 H 11
所属事業者 Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 H 日比谷線
キロ程 9.7km(北千住起点)
電報略号 ハチ
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
103,702人/日
-2013年-
開業年月日 1963年昭和38年)2月28日

島式ホーム1面2線を有する地下駅で、新大橋通りの真下に位置する。島式ホームで天井が高く、空間が広いが、かつては改装前の仲御徒町駅と同様に駅構内の照明が少なく、薄暗かった。

茅場町寄りにY字型の折り返し線があるが、始発の中目黒行のみでしか使用されない。逆に当駅終着電車の設定はなく、平日は北千住方面から、土曜・休日は中目黒方面から回送される。

エスカレーター改札内にあり、茅場町寄り改札とホームを連絡している。エレベーターは改札外にあり、A2・A3出入口と茅場町寄り改札を連絡している。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 H 日比谷線 銀座六本木中目黒方面
2 H 日比谷線 上野北千住南栗橋方面


JR東日本[編集]

JR 八丁堀駅
はっちょうぼり - Hatchōbori
東京 (1.2km)
(1.6km) 越中島
所在地 東京都中央区八丁堀三丁目25-10
所属事業者 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 京葉線
武蔵野線直通含む)
キロ程 1.2km(東京起点)
電報略号 ホリ
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
30,884人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1990年平成2年)3月10日
備考 直営駅
区 東京都区内

島式ホーム1面2線を有する地下駅で、鍛冶橋通りの真下に位置する。ホームは日比谷線よりも深い位置にある。日比谷線の中目黒側と、京葉線の東京側で両路線のホームが交差している。改札とホームを連絡するエスカレーターとエレベーターが設置されている。

直営駅。かつてはマルス端末の設備を持つみどりの窓口が設置されていたが、指定席券売機設置に伴い、営業を終了した。

開業当初は土曜・休日ダイヤにおいて快速(「マリンドリーム」「むさしのドリーム」)は当駅を通過していたが、のちに平日ダイヤと同様に停車するようになった。

ホームの発車標は1行のみの表示となっている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 京葉線 下り 舞浜蘇我方面 武蔵野線直通含む
2 京葉線 上り 東京  

(出典:JR東日本:駅構内図


利用状況[編集]

  • 東京メトロ - 2013年度の1日平均乗降人員103,702人である[1]
  • JR東日本 - 2013年度の1日平均乗車人員30,884人である[2]

各年度の一日平均乗降・乗車人員の推移は下表のとおりである。

年度別一日平均乗降・乗車人員[3]
年度 東京メトロ JR東日本
乗降人員[4] 乗車人員 乗車人員
1992年(平成04年) 49,493 19,877
1993年(平成05年) 50,934 20,899
1994年(平成06年) 51,077 21,904
1995年(平成07年) 51,404 22,224
1996年(平成08年) 52,044 22,625
1997年(平成09年) 52,093 23,035
1998年(平成10年) 52,008 22,912
1999年(平成11年) 100,465 50,861 22,951
2000年(平成12年) 101,120 51,079 [5] 23,633
2001年(平成13年) 101,775 51,068 [6] 24,029
2002年(平成14年) 100,558 50,408 [7] 24,231
2003年(平成15年) 100,269 50,292 [8] 25,625
2004年(平成16年) 100,726 50,753 [9] 26,287
2005年(平成17年) 102,194 51,392 [10] 26,881
2006年(平成18年) 105,242 52,984 [11] 27,411
2007年(平成19年) 109,736 54,967 [12] 28,752
2008年(平成20年) 109,109 54,526 [13] 29,251
2009年(平成21年) 105,192 52,581 [14] 28,842
2010年(平成22年) 103,031 51,488 [15] 28,969
2011年(平成23年) 101,477 [16] 28,962
2012年(平成24年) 103,602 [2] 30,054

駅周辺[編集]

駅周辺はオフィス街の一面を有し、夜間は閑散とする。

亀島川が駅のすぐそばにある。そのため、B4出口付近では潮っぽい匂いがする。他に隅田川など川や運河にも近い。

東京マツダ麒麟麦酒ユニデン丸善石油化学三井食品いちよし証券日之出出版の本社や、かつての京華小学校・幼稚園の建物を利用した複合施設、中央区立京華スクエアが近くにある。

連絡運輸は扱っていないが、京橋駅(東京メトロ銀座線)と宝町駅(都営浅草線)へは鍛冶橋通り経由で数分の距離にある。

八丁堀という歴史的な地名であるものの、ビルや法人が拠点を置いている名称は、八重洲京橋銀座、東京、兜町などの名前が使われており、「八丁堀」が使われることは少ない。

バス路線[編集]

亀島橋(日比谷線北千住寄り出口そば)

八丁堀駅(日比谷線中目黒寄り出口南側)

隣の駅[編集]

東京地下鉄
H 日比谷線
築地駅 (H 10) - 八丁堀駅 (H 11) - 茅場町駅 (H 12)
東日本旅客鉄道
京葉線
通勤快速・快速
東京駅 - 八丁堀駅 - 新木場駅
各駅停車(武蔵野線直通含む)
東京駅 - 八丁堀駅 - 越中島駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]