全天自動捜索システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ASAS telescopes at Las Campanas Observatory. OGLE telescope visible in background.

全天自動捜索システム(ぜんてんじどうそうさくしすてむ:All Sky Automated Survey :ASAS)はポーランドのプロジェクトで1997年4月7日に設置された。全天の14等級以上の約1000万個の恒星の光度を自動的に監視するシステムである。ASASはチリのラスカンパナス天文台に置かれ、ワルシャワ大学グルゼゴルズ・ポイマンスキーがインターネットを使って管理している。これまでに2つの彗星などを発見した。

プリンストン大学ボフダン・パチンスキによって発案された。プロトタイプの装置とデータ伝送装置はポイマンスキーによって設計、製作された。1996年に100万ドルの予算で始められ、南半球の約100万の恒星が登録された。新しい変光星の発見に極めて有効であることが証明されたので、プロジェクトは拡大され、ラスカンパナス天文台の4台の望遠鏡が稼動している。赤緯28度より南、すなわち全天の3/4にある50,000個の変光星を発見した。

ASASによる発見[編集]

  • 観測された恒星:約1,500万個、
  • 検出した変光星:約 50,000個、新発見の変光星:約 39,000個

彗星[編集]

新星[編集]

  • Nova SMC = ASAS 011500-7325.6 (predisc. autom. detect.)
  • V1663 Aql = Nova Aql = ASAS 190512+0514.2 (ASAS discovery)
  • V378 Ser = Nova Ser 2005 = ASAS 174924-1300.0 (ASAS discovery)
  • V5114 Sgr = Nova Sgr 2004 = ASAS 181932-2836.6 (predisc. autom. detection)
  • V2574 Oph = Nova Oph 2004 = ASAS 173845-2328.3 (predisc. autom. detection)
  • V1186 Sco = Nova Sco 2004 = ASAS 171251-3056.6 (ASAS discovery)
  • V1188 Sco = Nova Sco 2005 = ASAS 174422-3416.5 (ASAS discovery)

矮新星[編集]

  • ASAS 160048-4846.2 - UGSU in Nor (ASAS discovery)
  • ASAS 091858-2942.6 - CV in Pyx (ASAS discovery)
  • ASAS 153616-0839.1 - UGWZ (ASAS discovery)
  • ASAS 002511+1217.2 - UGWZ/UGSU ? (ASAS discovery)

外部リンク[編集]