全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
全国花火競技大会
All Japan Fireworks competition
大会提供花火(2014).JPG
第88回大会提供花火2014年平成26年)ボレロの曲に乗せて約6分間の壮大な打上で72万人の観客を魅了した。
概要
通称、略称 大曲の花火
正式名称 全国花火競技大会
旧名称 奥羽六県煙火共進会
開催時期 8月第4土曜日
初回開催 1910年明治43年)8月26日
会場・場所 秋田県大仙市大曲地区雄物川河川敷運動公園
打ち上げ数 15,000〜20,000発
主催 大曲商工会議所、大仙市
後援 日本煙火協会経済産業省文部科学省ほか
協賛 NHK秋田放送局FM秋田ほか
運営 全国花火競技大会実行委員会
花火取扱 全国から選抜された27社
人出 80万人(2010年)
最寄駅 JR秋田新幹線大曲駅
外部リンク 全国花火競技大会「大曲の花火」
備考
出場業者は全3部門に参加義務あり。
創造花火の部優勝者に経済産業大臣賞を授与。
10号割物の部優勝者に中小企業庁長官賞を授与。
昼花火の部優勝者に秋田県知事賞を授与。
夜花火2部門を総合審査して最高賞の内閣総理大臣賞を授与。
テンプレートを表示

全国花火競技大会(ぜんこくはなびきょうぎたいかい)とは秋田県大仙市大曲地区雄物川河川敷運動公園において、例年8月第4土曜日に開催される花火大会であり、日本三大花火大会の1つである。

観光PRにおいては地名を付した「大曲全国花火競技大会」あるいは「大曲の花火」とも呼ばれるが、数ある全国花火競技会と名を打った花火大会の中で「全国花火競技大会」と言えば当大会を指す。規模、権威ともに日本最大の花火大会である。

概要[編集]

日本煙火協会が後援し、かつ、内閣総理大臣賞が与えられるのは全国で当大会(2000年平成12年)〜)と土浦全国花火競技大会茨城県土浦市、2000年(平成12年)〜)の2大会のみであり、当大会が日本国内では最も権威のある競技大会とされる。会場対岸には姫神山福伝山などがあり、それらの山に反射する音と花火観覧の邪魔になる光がない事もこの大会の自慢の1つである。1910年明治43年)に創始され、第二次世界大戦による中断を経て2011年平成23年)で85回目の開催となった。2010年(平成22年)には100周年を記念して「100周年記念番組」と称する花火が打ち上げられた。多くの花火ファンに愛されている。なお、2011年大会から前年大会で「内閣総理大臣賞」を受賞した花火師による「エキシビジョン花火」が打ち上げられる。

昼花火の競技大会が行われることで有名で、主催者によれば日本国内で昼花火の競技大会はこの大会のみであるとされる。また競技会の合間にテーマに合わせて打上げられる、ワイドスターマイン「大会提供花火」は毎年大変な人気で、各回毎に異なるテーマを掲げて大曲花火協同組合青年部が1年かけて製作する。「大会提供花火」は全長500メートルに及ぶワイドスターマイン。1セットのスターマインではなく一列に並んで何カ所も打ち上げられ、音楽に合わせて約5〜7分に渡り壮大な打ち上げを行う。フィナーレの速射連発、数カ所からシンクロで上がるトラの尾、一斉に上がる銀冠・錦冠は圧巻。ドイツハンガリー台湾韓国など、海外でも「大会提供花火」の名で打ち上げられた。

競技内容は17時頃に開始される昼花火の部と、19時から開始される夜花火の部に分かれ、夜花火の部のほうが規模が大きい。昼花火の部は5早打ち5発、割物または煙竜。夜花火の部は課題・自由玉の10号玉それぞれ1発の10号割物の部と創造花火の部で競われる。創造花火は「花火は丸い」という概念を破り創造性を追求する。したがって、形は従来の丸型にこだわることなく三角でも四角でもよい。最近、他の花火大会でも笑顔やアニメキャラクターヒマワリ、麦わら帽子サングラスとお馴染みになったが、このような創作花火はこの全国花火競技大会が発祥とされている。テーマをもうけて2分30秒以内で形態、色彩、リズム感、立体感などの創造性を審査する。主流は速射連発(スターマイン)だが、8号玉早打ちでも良い。総合優勝者には内閣総理大臣賞、創造花火の部優勝に経済産業大臣賞、10号割物の部優勝には中小企業庁長官賞、昼花火の部優勝に大会会長賞が与えられる。また特別賞で文部科学大臣奨励賞がある。

ちなみに、競技玉は作った本人が打ち上げなければならない。また安全面から花火の火の粉が消えずに地面に触れたら減点などの細かな基準があり、この事からもこの大会が日本のトップクラスの競技会であると言える。

歴史[編集]

大仙市大曲地区にある諏訪神社祭典の余興花火として1910年(明治43年)に「第一回奥羽六県煙火共進会」が開催(仙北新報(現・秋田民報)主催)されたのが始まりとされ、1915年大正4年)によりレベルの高いものを目指し全国花火競技大会と名前を変え規模を全国に広げた。1964年昭和39年)に創造花火が生み出される。

第二次世界大戦後すぐに大会は復活したが、戦後の物資不足と混乱より観光客の数は激減した。その後も水害や競技大会という特殊な開催方法がなかなか観光には馴染まず観客は少なかった。この大会を観るのは地元民、花火業者とよほどの花火通を自認するような花火愛好家のみだった。たとえば、1982年(昭和57年)の第56回大会の観客は10万人と発表されている。しかしその後、過疎化が進む市の「町おこしイベント」として利用したい自治体が諏訪神社祭典とは独立した行事としてPRを開始(公金での宗教団体イベントのPRが憲法政教分離原則に抵触するおそれがあるため。祭典は1週間前に分離開催となる)。東北6県では有数の花火大会となり、1990年代初頭には観客動員数が40万人を越えた(当時の大曲市人口の15倍以上)。

1997年(平成9年)に秋田新幹線が開通し大曲駅に乗り入れるようになると、旅行業者、鉄道会社らが県外で競って大曲花火ツアーを企画。またNHKでこの大会が全国放送されるようになるとさらに知名度があがり、2007年(平成19年)の第81回大会では過去最高の約76万人を記録した[1]。大会の歴史を知る資料としては2006年(平成18年)11月に「第80回全国花火競技大会記念誌」が編集発行されている。

各年 優勝創造花火[編集]

  • 2001年(第75回) - 剣の舞(秋田県 (株)北日本花火興業)
  • 2002年(第76回) - ドラネコロックンロール(秋田県 (株)北日本花火興業)
  • 2003年(第77回) - 踊るミラーボール(愛知県 (株)磯谷煙火店)
  • 2004年(第78回) - 移りゆく季節の中で(茨城県 野村花火工業(株))
  • 2005年(第79回) - 光のウェディング 〜祝福の花束〜(茨城県 野村花火工業(株))
  • 2006年(第80回) - 我が麗しき日本の花火(長野県 (株)紅屋青木煙火店)
  • 2007年(第81回) - メッセージ 〜永遠の光になって〜(茨城県 野村花火工業(株))
  • 2008年(第82回) - 蕾から花へ(茨城県 野村花火工業(株))
  • 2009年(第83回) - え!アフロでマンボ!?(秋田県 (株)北日本花火興業)
  • 2010年(第84回) - 世界中の子供たちへ 〜メリークリスマス〜(茨城県 (株)山崎煙火製造所)
  • 2011年(第85回) - 今夜、どこかのBARで 〜男と女の物語〜(愛知県 (株)磯谷煙火店)

各年10号割物優勝玉名[編集]

2005年
打揚業者 課題玉 自由玉
優勝 茨城県 野村花火工業株式会社 昇曲導付四重芯引先紅光露 昇曲導付五重芯冠菊緑点滅
準優勝 秋田県 株式会社小松煙火工業 昇曲導付四重芯変化菊 昇曲導四重芯冠菊
優秀賞 長野県 有限会社太陽堂田村煙火店 昇雄花四重芯変化菊 昇曲付八重芯錦冠変化
山梨県 株式会社山内煙火店 昇曲付三重芯変化菊 昇曲導付八重千華芯錦の華
静岡県 株式会社イケブン 幻想霧の花冠
2006年
打揚業者 課題玉 自由玉
優勝 茨城県 野村花火工業株式会社 昇曲導付四重芯引先紅光露 昇曲導付五重芯冠菊緑点滅
準優勝 群馬県 有限会社菊屋小幡花火店 昇曲導付四重芯変化菊 光のイリュージョン
優秀賞 茨城県 株式会社山崎煙火製造所 昇曲付三重芯紅青光露 昇曲付四重芯青点滅
愛知県 株式会社磯谷煙火店 昇曲付三重芯変化菊 万葉花
山梨県 株式会社齊木煙火本店 昇曲導付四重芯変化菊 昇曲導付四重芯錦大柳
2007年
打揚業者 課題玉 自由玉
優勝 茨城県 野村花火工業株式会社 昇曲導付四重芯引先紅光露 昇曲導付五重芯冠菊緑点滅
準優勝 長野県 信州煙火工業株式会社 昇曲導付三重芯変化菊 昇曲導付三重芯錦冠菊紅爆花
優秀賞 茨城県 株式会社山﨑煙火製造所 昇曲付四重芯銀点滅 昇曲付引き冠に浮模様
静岡県 株式会社イケブン 昇曲付三重芯変化菊 新緑の森
群馬県 有限会社菊屋小幡花火店 昇曲付四重芯変化菊 煌めきの花かんむり
2008年
打揚業者 課題玉 自由玉
優勝 茨城県 野村花火工業株式会社 昇曲導付四重芯引先紅光露 昇曲導付五重芯冠菊緑点滅
準優勝 群馬県 有限会社菊屋小幡花火店 昇曲導付四重芯引先紅光露 昇曲導付四重芯点滅花
優秀賞 長野県 有限会社紅屋青木煙火店 昇曲付四重芯変化菊 曲付夜空のルミナリエ
秋田県 株式会社小松煙火工業 昇曲導五重芯変化菊 マジックスター 〜時差式発光体〜
茨城県 株式会社山﨑煙火製造所 昇曲付四重芯変化菊 昇曲付四重芯錦冠先銀点滅
2009年
打揚業者 課題玉 自由玉
優勝 茨城県 株式会社山﨑煙火製造所 昇曲導付四重芯橙先銀点滅 夢の観覧車
準優勝 愛知県 株式会社磯谷煙火店 昇曲付三重芯変化菊 白い太陽
優秀賞 秋田県 株式会社小松煙火工業 昇曲導五重芯変化菊 昇曲付八方咲芯時間式開花之華
長野県 信州煙火工業株式会社 昇曲導付四重芯引先紫光露 八方咲き大柳乱舞
東京都 株式会社丸玉屋小勝煙火店 昇曲導三重芯変化菊 秋田の華

過去の大会提供花火[編集]

  • 1981年(第55回) - 子供たちの「スペースシャトル」
  • 1982年(第56回) - 桂林の幻想
  • 1983年(第57回) - 甦るアラビアンナイト
  • 1984年(第58回) - 光に見つけよう美しい街
  • 1985年(第59回) - 日中親善「中国の花火」
  • 1986年(第60回) - 第60回記念 大いなる秋田
  • 1987年(第61回) - 光と水のファンタジー
  • 1988年(第62回) - 五色の華に乾杯
  • 1989年(第63回) - 光と音で綴るミュージカルPART1 サウンド オブ ミュージック
  • 1990年(第64回) - 光と音で綴るミュージカルPART2 メリーポピンズ
  • 1991年(第65回) - 光と音で綴る 平和への祈り(サーチライトを使用)
  • 1992年(第66回) - 和の宴「響」
  • 1993年(第67回) - 未来の子供たちへまあるい地球一番星より美しく
  • 1994年(第68回) - 鐘ロマン天空に舞うシンフォニー
  • 1995年(第69回) - 美の地球から21世紀へのメッセージ
  • 1996年(第70回) - 大いなる秋田(第70回記念企画の大会提供花火、レーザー光線を使用)
  • 1997年(第71回) - 古代への誘い
  • 1998年(第72回) - 宇宙への誘い
  • 1999年(第73回) - ザッツエンターティメント「HANABI」ほど素敵なショーはない
  • 2000年(第74回) - カウントダウン2000 新世紀への序曲
  • 2001年(第75回) - HANABIでセッション 〜ジャズコンサートの世界へ〜
  • 2002年(第76回) - 暁 あかつき(和風の要素をもたらした大会提供花火、主に冠菊などが多い)
  • 2003年(第77回) - LOVE&PEACE 〜天使たちのメッセージ〜
  • 2004年(第78回) - 輝彩繚乱
  • 2005年(第79回) - HAREM 〜砂漠の宮殿〜(砂漠をテーマにした大会提供花火、主に銀冠菊などが多い)
  • 2006年(第80回) - 日本の花火 〜80th Anniversary〜(第80回記念企画の大会提供花火)
  • 2007年(第81回) - BEAT OF PASSION
  • 2008年(第82回) - 未来惑星 栄光への輝き
  • 2009年(第83回) - 新世紀 維新 武士道(武士をテーマにした大会提供花火、主に菊や柳などが多い)
  • 2010年(第84回) - 挑戦 〜新たなる100年の始まり〜(100周年記念企画の大会提供花火)
  • 2011年(第85回) - 奥州曙光 〜悠久なる黄金の祈り〜
  • 2012年(第86回) - Believe 〜夢を未来につなげよう〜
  • 2013年(第87回) - Mission あ
  • 2014年(第88回) - Boléro ボレロ

出場煙火業者[編集]

第60回以降から出場した煙火業者 過去に出場した煙火業者も含む

  • 北海道 海洋化研 - 第80回まで出場
  • 秋田県 小松煙火工業
  • 秋田県 北日本花火興業
  • 秋田県 大曲花火化学工業
  • 秋田県 和火屋(旧・仙北火工)
  • 山形県 松田煙火製造所 - 第63回まで出場
  • 宮城県 芳賀火工
  • 宮城県 若松煙火製造所
  • 福島県 菅野煙火店
  • 福島県 川崎火工服部煙火店 - 第80回まで出場
  • 福島県 長尾銃砲火薬店
  • 群馬県 菊屋小幡花火店
  • 埼玉県 根岸火工
  • 茨城県 金沢煙火工場 - 第80回まで出場
  • 茨城県 山崎煙火製造所
  • 茨城県 大同火工煙火店 - 第65回まで出場
  • 静岡県 田畑煙火 - 第65回まで出場。第86回に21年ぶりに出場復活
  • 岡山県 笹井煙火 - 第68回まで出場

大会イメージマスコットキャラクター[編集]

2006年(平成18年)より起用された当大会のゆるキャラ系のイメージマスコットキャラクター(ただし、はなちゃんを除く)。

  • つつどん - 打ち上げ筒がモチーフ。オヤジキャラをイメージしており、腰に腹巻をしている。身長約140cm・体重約40kg。
  • たまちゃん - 打ち上げ玉がモチーフ。設定上は赤ん坊をイメージしており、頭にリボンを身につけ、口におしゃぶりをしている。身長約30cm・体重約15kg。
  • はなちゃん - 当イメージマスコットキャラクター中、唯一人間の女の子(設定年齢は10歳前後?)がモチーフとなっている。オーバーオール姿と浴衣姿の2種類が存在している。

大会イメージソング[編集]

  • 「夢の空」津雲優(夜花火の部オープニング)
  • 「いざないの街-秋田県民歌-」津雲優(夜花火の部フィナーレ尺玉30連発)
  • 「満天の星」南こうせつ(大会エンディング 花火師とのエール交換)

放送について[編集]

テレビ[編集]

毎年、NHK衛星放送で生放送されている。BSアナログハイビジョン時代の1998年平成10年)から夏の特集「日本の祭」シリーズの一つとして生中継され、後日、BS2でも再放送されていた(地域によっては総合テレビで深夜に放送することもあった)。BSデジタル放送開始後の2001年(平成13年)からはBSデジタルハイビジョンでも同時中継している(BSアナログハイビジョンでは2007年(平成19年)をもって終了)。また、2〜3週遅れの金曜夜19:30〜20:43に秋田局ローカル(場合により東北6県ブロックネット)の『あきたスペシャル』(2006年(平成18年)・2007年(平成19年)は『ワンダフル東北』(東北ブロックネット))で73分の短縮放送で再度放送されている。2010年(平成22年)は8月28日にBSハイビジョンで生中継し、翌29日には海外向けにNHKワールド・プレミアムを通じ、15:15〜18:00(JST)に録画放送を行った。

BSデジタルハイビジョンでの中継放送は2010年(平成22年)で最後となった[2]が、2011年(平成23年)以降はBSデジタルハイビジョンの実質の後継チャンネルであるNHK BSプレミアムでハイビジョン生中継されている。音声多重放送であり、花火の打ち上げ中は、主音声では基本的に現地の音声のみで、副音声では各花火の解説や見どころを解説者が紹介する。本番組での制作協力はオフィス・トゥー・ワン

ラジオ[編集]

地元県域FM局であるFM秋田では、2010年(平成22年)は19:00〜21:00に、2011年(平成23年)は18:30〜19:55に、それぞれ会場から生放送を行った。

大会会場および周辺の問題と対策[編集]

観覧ゲートの案内標識

花火そのものは雄物川河川敷運動公園で無料で観ることができるが、有料の桟敷席キャンプができる駐車場なども用意されている。ただし、有料観覧席は徹夜組[3]も出るなど発売後すぐに完売するのが通例である。また仕掛花火は有料席最前列以外ではほとんど見えない。有料観覧席は大会協賛企業に優先的に販売されており、またチケットはウェブ上で転売を禁止しているものの実際はオークションにより高額で取り引きされるなど本来無料で見ることが出来た花火が有料化されたことへの批判も高まっている。

雨天順延が殆ど無いのもこの大会の特徴。過去、台風等の自然災害雄物川が増水し、打ち上げ場や観覧席が確保できない場合に限り順延となった事がある。雨天でも開催されるので、雨天時でも観覧したい場合にはレインコート、長くつ等相当の準備が必要になる。なお、過去に順延となった場合は、次の週の平日に開催された。

人口4万人弱の大仙市大曲地区に約70万人の見物客が押し寄せるため、混雑による混乱が見られる。JR臨時列車を出し701系電車を最大7両編成(2+2+3両)に秋田新幹線仙台盛岡秋田発着の臨時列車を設定して輸送しているが、普通列車と秋田新幹線が同一の線路上を走行するという奥羽本線田沢湖線の性格上、大規模な増発をするも乗車時間が集中してしまう(単線路線の列車行き違いの為)。その為か、大曲駅隣接の駅では一応電車は停車するものの、始発駅から大曲駅まで誰も降りないというあまりの満員状態の為、危険防止もあり車掌から次の列車に乗る様指示される事もある。

車での来客は秋田県内からが最も多く、次いで宮城県青森県岩手県の順になっている(2009年(平成21年))[1]。大仙市大曲地区から半径50キロメートル圏内の主要道路ではすべてが黄色点滅信号になっているが、大会終了後は大仙市大曲地区から秋田市中心部まで約50キロメートル(国道13号経由)が最大5時間という渋滞が起こる。駐車場も通常の駐車容量では収まりきれないため大会関係者が用意する臨時駐車場、オートキャンプ場、一部の道路(通常は駐車禁止)、また民家でも臨時駐車場を設けるところがあるが間に合ってはいない。このため2004年(平成16年)からパーク&バスライド方式を採用し、横手市方面からの渋滞を防ぐことも行う試験を行ったり毎年地元の秋田放送秋田テレビNHK秋田放送局FM秋田日本道路交通情報センター秋田情報センターでは渋滞対策に関する呼びかけラジオCMなどを毎年、1週間前から流している[4]

花火会場となる雄物川河川敷運動公園の混雑はさらに酷く、過去には大曲の花火ツアーに参加する旅行会社の担当者本人が迷子になったり「集合場所はバス」と言う雑な扱いをしたり、大会終了後の混雑に我慢しきれない多数の観客の無謀な行動で雄物川河川敷運動公園の土手部分が崩れたり、警備員が足りず他の地方から派遣され、土地勘のない状態の中で混雑をさばききれず戸惑う警備員もいた[要出典]。このため現在では大曲駅から徒歩で来る来場客には、観覧会場ゲート毎に設置されている「リンゴ」「バナナ」「メロン」「ミカン」の絵を掲げた看板で誰でも分かり易く誘導できるようにしている。

全国花火競技会会場では「ごみは持ち帰らない」というルールになっていて、場内アナウンスでも持ち帰らないように呼びかけがある。数年前までは常識的に考えごみを持ち帰る観客が結局市内道路上に捨ててしまい、おびただしい量のごみが街中散乱する問題が深刻化した。今ではごみは、主催者が会場、駐車場及びキャンプ場に用意する巨大ごみ箱に捨てるよう奨励されている。ちなみに公式サイトによれば、大会付近で出るゴミの量は毎年100トンを超えるという[5]

近年の状況[編集]

泊り込みの観覧客

急激に観光客が増加したため、関係者もその対応ができていない。特に駐車場の問題は深刻で元々ただの市街地であるため絶対数が足りない上に離れた駐車場から歩くのを嫌った人が会場付近まで乗り入れ、一部の規制解除場所(補助標識に「8月第4土曜日を除く」と書いている区間)を除き駐車禁止区域にそのまま路上駐車するという非常識な事態も発生している。桟敷席は大部分が団体客向けに確保されているため、一般向け発売分については発売開始と同時に売り切れてしまう。そのため、少しでも良い場所を確保しようとキャンピングカーなどで前日から泊まり込む客も増加傾向にある。当日は18時頃には会場がいっぱいになるが、11時までに到着できれば無料席も余裕で確保できる。お昼頃(規制開始 12:00)までであればガラ空きな上、無料駐車場も確保できる。有料駐車場は会場付近に1台2000円から3000円であるが会場へのアクセスが便利な反面、市街地の中に入るため規制解除(23:30)まで待たなければならなく、さらに帰りの渋滞の最後尾になってしまうので駐車場から出るのに数十分ということも珍しくない。観覧席を確保する為に発売2週間くらい前から近くの公園にキャンプを張るくらいの盛況振りであったが、2007年(平成19年)の周辺住民との騒音問題で2008年(平成20年)は公園内を規制し、抽選整理券制度に変更した[6]

アクセス[編集]

これは、あくまでも目安である。当日は大混雑に加え交通規制・大曲駅では改札制限などが行われるためこれ以上の所要時間がかかる。

鉄道[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)秋田新幹線奥羽本線田沢湖線)、大曲駅下車。徒歩30分。

当日は、定期列車(秋田新幹線を除く(固定編成のため増結ができないため))の増結が行われるほか、秋田新幹線(全線)、東北新幹線(盛岡〜仙台・東京:秋田新幹線との直通運転・東京は下りのみ)、奥羽本線(新庄〜大曲〜大館)、北上線(全線)、東北本線(盛岡〜北上〜一ノ関:田沢湖線と北上線の臨時列車に接続)に臨時列車が多数運転される。臨時列車には「花火」「ナイアガラ」「スターマイン」などの愛称が付けられている。なお、秋田新幹線と東北新幹線の臨時列車は「こまち」として運転される。

帰路の大曲駅では臨時改札口を使用して方向別改札(新庄方面、秋田方面、田沢湖線、新幹線)が実施されるほか、秋田駅では臨時のきっぷ売場と列車別の待合所が設けられることがある。

路線バス(羽後交通[編集]

  • 当日は午前に大曲バスターミナルを発着、および通過する便以外は、すべて運休する。

自家用車[編集]

この所要時間は、通常利用した場合の時間である。

渋滞予想は大曲花火アクセスnaviの渋滞データバンクで確認できる。

軽車両等[編集]

  • 自転車については、指定駐輪場以外持ち込み禁止。
    • 指定駐輪場も開場時間以外は利用できない。

当日の道路交通の状況[編集]

道路の状況
以下の情報はあくまでも目安である。当日は、NHK秋田放送局、秋田放送、FM秋田が臨時の交通情報を多数放送する。
  • 上記でもふれているが、大会終了後は各方面の国道・高速道路が一気に渋滞となる。
  • 会場近くの駐車場は歩行者の安全確保のため、11:30頃より23:30以降まで車両通行ができない(自転車も含まれる)。
  • 秋田自動車道は、大曲インターチェンジを通過する車で渋滞するほか、大会開始前の交通流入で、毎年、和賀仙人トンネル(岩手県)を先頭に渋滞が発生し、2007年(平成19年)には最大16kmの渋滞が発生した。帰路は、横手インターチェンジ付近で渋滞する。
  • 大会終了後の夜に限り、錦秋湖サービスエリア(岩手県)のスナックコーナーと給油所が終夜営業する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 大曲の花火 遠来の車「高速1000円」で交通量過去最高河北新報 2009年平成21年)10月21日
  2. ^ 2011年平成23年)3月31日ハイビジョン専門チャンネルの放送を終了し、BS12の完全デジタル一本化へ移行のため。
  3. ^ 2010年(平成22年)現在、抽選制であり、そのような行為による抽選権は認められない。
  4. ^ 3.携帯・ラジオ情報を活用してアクセス 大曲花火アクセスnavi
  5. ^ 注意事項 〜会場にお越しの際は必ずお読みください。〜 全国花火競技大会「大曲の花火」オフィシャルサイト
  6. ^ 秋田魁2008年7月29日付より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]