全国産業復興法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
全国産業復興法
米国政府国章
アメリカ合衆国の連邦法律
英語名 National Industrial Recovery Act
通略称 NIRA
制定日 1933年6月16日
効力 失効
種類 労働法
主な内容 労働者の権利の保障
関連法令 全国労働関係法
テンプレートを表示

全国産業復興法(ぜんこくさんぎょうふっこうほう、英:National Industrial Recovery Act, NIRA)は、アメリカ大統領であったフランクリン・ルーズベルトが実施したニューディール政策の中の最重要法律である。1933年制定。

内容[編集]

企業の生産を規制して、企業に適正な利潤を確保させ、一方、労働者には団結権団体交渉権を認め、最低賃金を確保させ、生産力や購買力の向上を目指そうとした。またその施行を管轄する行政機関として全国復興庁 (NRA) が設立された。

しかし1935年合衆国最高裁判所が同法に違憲判決を下したことから2年足らず廃止されてしまった。それでも最低賃金や労働時間などを定めた労働法に関する部分は1935年の全国労働関係法で改正して引き継がれた。