全商情報処理検定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
全商情報処理検定
実施国 日本の旗 日本
資格種類 民間資格
分野 コンピュータ・情報処理
試験形式 筆記・実技
認定団体 全国商業高等学校協会
後援 文部科学省
等級・称号 1級 - 3級
公式サイト 公式サイト
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

全商情報処理検定(ぜんしょうじょうほうしょりけんてい)とは、財団法人全国商業高等学校協会が主催する検定試験である。

本試験は、情報処理技術者などの資格への登龍門として作られた検定試験である。

概要[編集]

  • 受験資格: 制限なし
  • 試験月: 毎年9月・1月第5日曜
    • 該当月に第5週目がない場合は、9月第4日曜、1月第3日曜
  • 受験料
    • 1級(ビジネス情報部門・プログラミング部門) - 1,550円
    • 2級(ビジネス情報部門・プログラミング部門) - 1,230円
    • 3級 - 1,030円
    • 1人で複数級を受験可能であるが、この場合はそれぞれの級の受験料を支払う必要がある。

申込方法[編集]

  • 高校生は原則として在籍校で申し込みをする。
  • 一般は希望試験会場で、受験申込書により申し込む。在籍校が試験場でないなどの事情によって高校生も一般扱いになる。受験申込書に証明写真(履歴書サイズ)を貼付する欄が設けてあるものの、それに関しては試験会場の試験監督者の指示に従うこと(会場校によっては「写真不要、試験当日に写真付身分証明書を持参すること!」の指示があるため)。

試験時間[編集]

ビジネス情報部門 プログラミング部門
筆記試験 実技試験 筆記試験
1級 30分 30分 60分
2級 30分 20分 50分
3級 40分 - -

1・2級のプログラミング部門[編集]

1・2級のプログラミング部門は、COBOLVisual Basicのどちらか1つを選択して問題を解く。両方とも解いた場合は採点されない。

平成24年度以降の移行予定(平成24年5月現在)[編集]

  • 平成25年度9月実施予定の検定試験から新検定基準へ移行。

プログラム部門[編集]

実施年月 VB COBOL マクロ Java
2013年1月 実施 実施 未実施 未実施
2013年9月 実施 新規実施 新規実施
2015年6月 実施 実施
  • VBは2013年1月実施検定で廃止。COBOLは2014年1月実施検定で廃止。

出題型式[編集]

  • 2013年9月実施分予定
第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 第6問 第7問 実技
1級プログラム
2級プログラム
語群選択 語群選択 三者択一 トレース トレース トレース 選択問題 (なし)
1級ビジネス
2級ビジネス
語群選択 語群選択 三者択一 三者択一 データベース 表計算 表計算 表計算
3級 語群選択 語群選択 三者択一 表計算 表計算 (なし) (なし) 表計算

現在の出題型式(平成24年4月現在)[編集]

第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 第6問 第7問 実技
1級プログラム
2級プログラム
語群選択 語群選択 三者択一 トレース 選択問題 選択問題 選択問題 (なし)
1級ビジネス
2級ビジネス
語群選択 語群選択 三者択一 表計算 表計算 データベース 表計算
3級 語群選択 語群選択 三者択一 表計算 表計算 データベース 表計算 (なし)

合格[編集]

  • 合格点: 70点以上(100点満点)
  • 合格発表: 試験会場によって合格発表日が異なる。最短で試験施行後5日後。
  • 合格証書交付: 試験会場によって交付日が異なる。最長で試験施行後3か月後。

外部リンク[編集]