入船亭扇橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

入船亭 扇橋(いりふねてい せんきょう)は、落語家名跡。当代は9代目。初代から7代目まで船遊亭 扇橋(せんゆうてい せんきょう) と名乗っており、系統から代々「音曲噺」「都々逸」を得意としていた。8代目から系統が変わり亭号も入船亭とした。初代扇橋を祖とする一門は扇派と呼ばれる。

初代[編集]

初代船遊亭 扇橋(生年月日不詳 - 文政12年4月13日1829年5月15日))は、落語家。俗称は鉄五郎。

初代三笑亭可楽の弟子で、いわゆる「可楽十哲」の一人。音曲噺の祖である。

生まれは奥平家家臣の武家であった。芸人としては初めは常盤津の太夫になり3代目常磐津兼太夫の門下で2代目常磐津若太夫と名乗っていたという。文化6年(1809年)に初めて寄席に出たというが、この時から可楽門下で船遊亭扇橋と名乗っていたかどうかは明らかではないが、扇橋以外の名を名乗ったという記録は残っていない。可楽門下の里楽の弟子だったのが、その後可楽の直門になったという説もある。

弟子は都々逸の祖である初代都々逸坊扇歌を初めとして、初代土橋亭里う馬、2代目扇橋、初代鯉昇亭栄橋初代麗々亭柳橋初代鼠遊亭鉄扇3代目司馬龍生初代山松亭圓喬など20数名いたとされる。初代扇橋を祖とする一門は扇派と呼ばれる。

法名は「広誉扇橋居士」、墓所は深川浄心寺。

浄瑠璃の様々な太夫の節調を語り分けるのに優れていたという。

2代目[編集]

2代目船遊亭 扇橋天明6年(1786年)(算出) - 文久元年(1861年)(算出))は、落語家。本名は鈴木十蔵

藪下(または千駄木)の茶漬茶屋の倅とも、初代の弟ともいわれる。最初は並木吾市という名の狂言作家で並木五瓶の弟子筋の流れを汲むものと思われる。初代扇橋の門下で船遊亭新橋、扇蝶、初代入船扇蔵を経て、師匠の死後の(文政12年)1829年?に2代目扇橋を襲名した。

天保12年、門下の2代目扇蔵に扇橋の名跡を譲り、陸奥へ遊歴の旅に出発する。後に巡行記の『奥のしをり』を著した。また、落語史研究の資料として重宝されている『落語家奇奴部類』(弘化5年)の著者としても知られる。落語家奇奴部類には自らの名を「語仏老人 扇翁」としている。

また俳諧狂歌に長けており、書の中で「東都落語ノ作者」と称している。

享年は75といわれる。

弟子は2代目米蔵、5代目、6代目扇橋、初代入船萬蔵らがいた。

3代目[編集]

3代目船遊亭 扇橋生没年不詳)は、落語家。本名は山高鉄三郎と言われる。

江戸の生まれ、文政時代から2代目扇橋の門下で入船扇童、扇之助、2代目扇蔵を経て天保12年(1841年)には3代目扇橋を襲名。番付類には嘉永中期まで見え嘉永末には宇都宮で死去したという。

4代目[編集]

4代目船遊亭 扇橋生没年不詳)は、落語家。俗称(または幼名)は庄太郎(または昌太郎)。

初代五明楼玉輔の実子。天保初年頃?から2代目扇橋の門下で扇風から初代立川扇太郎を経て4代目扇橋を襲名。1858年には歌舞伎役者4代目市川小團次(初名:市川米蔵)の縁故から初代入船米蔵となる。明治元年頃(1868年頃)没したという。

弟子は3代目、4代目扇橋、3代目扇歌、2代目春風亭柳朝らがいた。

5代目[編集]

5代目船遊亭 扇橋(生没年不詳)は、落語家。本名不詳。

4代目扇橋の門下で扇吉から入船萬蔵、船遊亭志ん橋を経て5代目扇橋を襲名。歌舞伎俳優3代目市川市蔵などの声色で売り出していた。

若手真打時代には三遊亭圓朝と競い合うなど人気者だったが嘉永期以降番付類には見られず、没年も不詳。

6代目[編集]

6代目船遊亭 扇橋(生年月日不詳 - 1882年)は、落語家。本名は千葉音蔵

弘化時代?に初代司馬龍斎門下で語遊となり、師の存命中に2代目龍斎、2代目三遊亭圓生門下で3代目竹林亭虎生となり、再び初代龍斎門下で露野五郎治、4代目扇橋門下で2代目扇太郎を経て6代目扇橋を襲名。晩年は初代五明楼松玉となる。怪談噺が得意だった。向柳原に妻竹本浪志摩と住んでいた。息子は竹本手遊太夫である。1882年に向柳原で死去。

弟子に3代目扇太郎、4代目扇太郎、講談2代目両面舎扇玉、2代目五明楼松玉、五明楼松橋(後の初代春風亭年枝、本名:松岡唯吉)、米蔵(「ガンモドキ」)などがいる。

7代目[編集]

7代目船遊亭 扇橋1848年1月 - 1890年9月26日)は、落語家。本名は清水栄蔵。俗に「薪屋の扇橋」という。

明治極初期に3代目麗々亭柳橋門下で2代目春風亭柳好を経て1879年頃?7代目扇橋を襲名した、1889年?船遊亭團扇と名乗って、若松町屋を兼業を始めた。

8代目[編集]

8代目入船亭 扇橋慶応元年5月27日1865年6月20日) - 昭和19年(1944年10月8日)は、落語家。本名は進藤大次郎。俗に「宗匠の扇橋」という。

呉服屋で奉公していた頃、主人が芸事好きだった影響を受けて、天狗連で役者の声色などで笑いをとっていた。そのうち談笑(3代目古今亭志ん生)の余興を手伝いをしたりした後、1882年2代目滝川鯉かんの下に入門し、鯉三となる。しかしこの鯉三の見抜いた鯉かんによって翌年初代春錦亭柳桜3代目麗々亭柳橋)の下に連れて行き、その長男の4代目麗々亭柳橋の門下に入ることとなった。初代柳桜・柳橋から落語を教わったほか、6代目桂文治から芝居噺を学び、後にこれを演じた。

1888年12月には瀧川鯉橋を襲名し、寄席4軒掛け持ちするような人気者になる。1894年3月には3代目春風亭柳枝の門下で枝橋となり、1897年10月4代目春風亭柏枝で真打に昇進し、1905年12月に8代目扇橋を襲名。

著書には『杉戸のかげ』『昔の芸道修行』『回顧五十年』などがある。他にも数十席の速記を残している。

3代目柳亭燕枝は息子、弟子に9代目土橋亭里う馬。1944年に死去。享年80。

9代目[編集]

9代目入船亭 扇橋(いりふねてい せんきょう、1931年昭和6年)5月29日 - )は、東京都青梅市出身の落語家。本名は橋本 光永(はしもと みつなが)。落語協会会員(相談役)。10代のころから俳句を嗜み「光石」の俳号を持つ俳人でもあり「東京やなぎ句会」の宗匠、俳人協会の会員でもあった。出囃子は『にわか獅子』(にわかじし)。

経歴[編集]

弟子[編集]

作品[編集]

著書・関連書籍[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]