入定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

入定(にゅうじょう)とは、真言密教の究極的な修行のひとつ。

概要[編集]

原義としての「入定」(悟りを得ること)と区別するため、生入定(いきにゅうじょう)という俗称もある。

が、生死の境を超え弥勒出世の時まで衆生救済を目的とする。後に、その肉体が即身仏となって現れるのである。明治期には法律で禁止された。また入定後に肉体が完全に即身仏としてミイラ化するには長い年月を要した為、掘り出されずに埋まったままの即身仏も多数存在するとされる。

ただし、現在では自殺幇助罪に触れるため、事実上不可能になっている。

修行方法[編集]

  • まず、木食修行を行う。
  • 死後、腐敗しないよう肉体を整える。
  • 米や麦などの穀類の食を断ち、水や木の実などで命を繋ぐ。
  • 次に、土中入定を行う。
  • 土中に石室を設け、そこに入る。
  • 竹筒で空気穴を設け、完全に埋める。
  • 僧は、石室の中で断食をしながら鐘を鳴らし読経するが、やがて音が聞こえなくなり、長い歳月と共に姿を現すとされる。

現存する即身仏[編集]

関連項目[編集]