兎塚エイジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

兎塚 エイジ(うさつか えいじ)は、日本のイラストレーター大阪府出身。1976年生まれ。

略歴[編集]

大阪産業大学卒。卒業後ビジュアルアーツに入社し、「サワガニ」のペンネームで活動するかたわら、兎塚名義でイラストレーターとして活躍する。ヤマグチノボルライトノベル作品『ゼロの使い魔』(MF文庫J)の挿絵で人気となり、現在まで同社に勤務しながら主に小説挿絵を描いている。

初期の兎塚のプロフィールではビジュアルアーツの社員であることは伏せられ、ビジュアルアーツにもイラストレイターとして仕事をしていることは伏せられていた[1]。しかし、サワガニが兎塚であることが露見し[2]、2008年に発表された広報誌『visualstyle Vol.7』[3]上において、メインの原画として参加するビジュアルアーツのブランド・manaのアダルトゲーム『Angel Magister』からは兎塚名義で活動する事になったことが発表された。

画風[編集]

柔らかい絵のタッチと暖かい色彩が特徴。

兎塚エイジ名義[編集]

ライトノベルイラスト[編集]

日本
台湾
  • 龍騎兵的防禦工事(著:非瓴 / 第3回浮文字新人賞 ライトノベル部門金賞受賞作、2011年6月)

その他イラスト[編集]

サワガニ名義[編集]

いずれもビジュアルアーツ系列ブランドのPCゲーム

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ビジュアルアーツの社内規定では副業は禁止されており、本来ならば解雇の対象となる。
  2. ^ サワガニが兎塚であることが明らかになった経緯について、DENGEKI HIME2009年2月号の『Angel Magister』紹介記事にて、兎塚本人と同作ゲームデザイン担当の丘野塔也がインタビューに答えており、それによると、ビジュアルアーツ所属のシナリオライター、がWikipediaの当記事を読んだところ、経歴がサワガニと同一だったため露見したという。
  3. ^ visualstyle Vol.7
  4. ^ Holyseal 〜聖封〜内の特設ページより
  5. ^ 本田智美というキャラ

外部リンク[編集]

  • DO-RAKU7兎塚エイジの公式サイト