光形態形成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

光形態形成(ひかりけいたいけいせい)は、植物の光応答の一種である。によって植物の生長や分化などの形態を制御するものを指す。高等植物では、光受容体の一種であるフィトクロムを介するタイプ、(紫外-)青色受容体を介するタイプが知られている。青色光反応(青色光応答、紫外-青色光反応、紫外-青色光応答)における光形態形成には、胚軸の伸長抑制、子葉展開、子葉開閉、色素生合成などが知られている。