光川京子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みつかわ きょうこ
光川 京子
本名 山口 まさ代 (やまぐち まさよ・出生名)
吉田 まさ代 (よしだ まさよ・結婚後)
生年月日 1918年1月30日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市四谷区(現在の東京都新宿区四谷地区)
職業 女優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇サイレント映画トーキー
活動期間 1931年 - 1942年
配偶者 本郷秀雄
主な作品
大学の若旦那
大江戸出世小唄

光川 京子(みつかわ きょうこ、1918年1月30日 - 没年不詳)は、日本の女優である[1][2][3][4][5]。出生名山口 まさ代(やまぐち まさよ)、結婚後本名吉田 まさ代(よしだ まさよ)[1]

人物・来歴[編集]

1918年大正7年)1月30日東京府東京市四谷区(現在の東京都新宿区四谷地区)に生まれる[1]

1931年(昭和6年)3月、旧制・氷川尋常小学校(現在の港区立赤坂小学校)を卒業するとともに、同年、松竹蒲田撮影所に入社する[1]。記録に残るもっとも古い出演作品は、同年8月8日に公開された成瀬巳喜男監督の『腰辨頑張れ』である[5]。1934年(昭和9年)秋、京都の松竹下加茂撮影所に異動になり、現代劇から時代劇に転向する[2][3]。満17歳となった1935年(昭和10年)2月14日に公開された大曾根辰夫監督の『大江戸出世小唄』等で、高田浩吉の相手役を務めた[2][3]。1936年(昭和11年)同年12月20日公開、笠井輝二監督の『弥之助行状記』に出演、松竹蒲田出身で同年に下加茂に異動してきて同作に主演した本郷秀雄と初めて共演する[2][6]。1937年(昭和32年)7月14日に公開された犬塚稔監督『元禄快挙余譚 土屋主税 落花の巻』では、瑤泉院を演じている[2][3]

1938年(昭和13年)、満20歳で俳優の本郷秀雄と結婚した[7]。1940年(昭和15年)4月19日に公開された星哲六監督の『維新子守唄』を最後に、夫婦ともども松竹を退社、東京の大都映画に移籍した[2][6][7]。1942年(昭和17年)1月27日、大都映画は、戦時統制で新興キネマ日活の製作部門等と合併して大映を形成、光川も夫の本郷も継続入社し、大映東京第二撮影所に所属して、同年10月1日に公開された五所平之助監督の『新雪』に出演したが[5]、同作以降の出演作は見当たらない[2][3][5]。本郷は、日活京都撮影所改め大映京都撮影所に所属したため、生活拠点が京都に移っている[6][7]。晩年は大阪市大淀区に住んだ[7]

夫の本郷秀雄が、1987年(昭和62年)6月22日、肺がんにより満70歳で死去した[8]。その後の光川の消息は知られていない[1]没年不詳

フィルモグラフィ[編集]

腰辨頑張れ』(1931年)における裕福な戸田家の女中役、満13歳。左は関時男。

すべてクレジットは「出演」である[2][3]。公開日の右側には役名[2][3]、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、マツダ映画社所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[5][9]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。

松竹蒲田撮影所[編集]

すべて製作は「松竹蒲田撮影所」、すべて配給は「松竹キネマ」、特筆以外すべてサイレント映画である[2][3]

松竹下加茂撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「松竹下加茂撮影所」、特筆以外すべて配給は「松竹キネマ」あるいは「松竹」、特筆以外すべてトーキーである[2][3]

大都映画[編集]

すべて製作・配給は「松竹キネマ」あるいは「大都映画」、すべてトーキーである[2][3]

大映[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 光川京子jlogos.com, エア、2013年2月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 光川京子日本映画データベース、2013年2月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 光川京子、日本映画情報システム、文化庁、2013年2月4日閲覧。
  4. ^ 光川京子、映連データベース、日本映画製作者連盟、2013年2月4日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 光川京子東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年2月4日閲覧。
  6. ^ a b c 本郷秀雄 - 日本映画データベース、2013年2月4日閲覧。
  7. ^ a b c d キネマ旬報社[1979], p.526.
  8. ^ 本郷秀雄jlogos.com, エア、2013年2月4日閲覧。
  9. ^ 主な所蔵リスト 劇映画 邦画篇マツダ映画社、2013年2月4日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]