光岡・ラセード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
光岡・ラセード(S13改)
販売期間 1990年
乗車定員 4人
エンジン CA18DE型 1.8L 直4 DOHC 135ps/16.2kgm
変速機 4速AT
駆動方式 FR
全長 5100mm
全幅 1870mm
全高 1280mm
ホイールベース 3375mm
-自動車のスペック表-
光岡・ラセード(S15改)
販売期間 2000年
乗車定員 4人
エンジン SR20DE型 2.0L 直4 DOHC 160ps/19.2kgm
変速機 4速AT
駆動方式 FR
全長 5230mm
全幅 1880mm
全高 1270mm
ホイールベース 3424mm
-自動車のスペック表-

ラセードLe-Seyde )とは、光岡自動車が発売していたクラシック風クーペのこと。名前の由来は、「第二の人生・飽くなき夢を追い求め、自由を味わいながら長い人生を楽しむ」という意味合いのライフ・セカンド・ドリーム(Life Second Dream)という造語から来ている。

※注:この自動車の一般的な表記は「ラ・セード」だが、スタイルマニュアルに従って、記事名を「ラセード」とし、文中の表記も「ラセード」で統一する。

概要[編集]

初代・2代目とも日産・シルビアをベースとした2ドアのクラシカルクーペである。アメリカのティファニークラシックがモデル。特徴的なスタイリングであるが、光岡の他車種同様、キャビン部分はシルビアそのものである。フロントバルクヘッドより前部分を延長している。

クラシカルなデザインだが現代車としてふさわしい性能を持ち合わせ、さらにシルビアをベースとしているため、メカニカルメンテナンスが容易という点が最大のポイント。メッキパーツを除いては、部品はかなり流通している。

だが、車体が大型でホイールベースも長いため機動性に欠ける(最小回転半径6.3m)上、ロングノーズのため視界が悪いことから、運転するにはかなりの「慣れ」が必要な車である。

ちなみに、左右についているタイヤカバーと、6本のエキゾーストパイプはどちらもダミーで、中にはバッテリーなどが入っている。また、フロントについている4本のラッパ状のクラクションは本物で、ちゃんと作動する。

歴史[編集]

初代[編集]

S13型シルビアをベースに、ホイールベースを延長。さらにFRP製の専用ボディを装備した。だが、内装はロゴがあることを除いて、ほとんどシルビアのままである。エンジンはCA18DE型直列4気筒DOHC)をFRレイアウトで搭載。スペックに変更は無し。トランスミッションは4速AT

2代目「ニューラセード」[編集]

S15型シルビアをベースに開発された。光岡自動車のサイト内などでは、先代と区別するためにしばしば「ニューラセード」とも表現される。デザインは初代の意匠を受け継いでいる。初代同様、内装はほとんどシルビアのまま。エンジンはSR20DE型(直列4気筒DOHC)をFRレイアウトで搭載。トランスミッションは4速AT。2000年に限定100台で発売され、2002年に発売された本革シート特別限定仕様車をもって、ラセードの生産を終了した。また、第35回東京モーターショーに、ラセードのコンバーチブルモデルが参考出展されたが、結局発売までには至らなかった。S15シルビアの原型が残っているのは、フロントガラス、ドア、ミラー、サイドガラス、ルーフの前半部分などである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]