光学的深さ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

光学的深さ(こうがくてきふかさ)とは、光学において透明さを表す指標となる量である。ギリシャ文字 τ で表される場合が多い。

光が物体中を単位距離進むごとに強さ(放射発散度)が t 倍になるとする(通常は光が吸収されるので t < 1 である)。距離 x 進むと元の tx 倍の強さとなる。つまり、物体表面から距離 x だけ進んだ位置での透過率 T

T = tx

である。これは吸収係数 α = -loge t を用いて

T = e-αx

と表されることが多い[1]

この αx を、位置 x における光学的深さ τ と呼び、 特に物体全体を透過して測った光学的深さを、その物体の光学的厚さと呼ぶ[1]

出典[編集]

  1. ^ a b Smith, Warren J. (2000-07-26). Modern Optical Engineering: The Design of Optical Systems (3rd Ed. ed.). McGraw-Hill. pp. pp. 174. ISBN 978-0071363600.