元永定正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

元永 定正(もとなが さだまさ、1922年11月26日 - 2011年10月3日)は、日本画家絵本作家

妻はグラフィック・デザイナー絵本作家中辻悦子。娘はジュエリーデザイナー元永紅子

来歴[編集]

三重県阿山郡上野町(現・伊賀市)生まれ[1]。三重県上野商業学校(現三重県立上野商業高等学校)卒。中之島美術研究所(現・専門学校中の島美術学院)に学ぶ[1]。はじめ漫画を志すが、1946年、同郷の文展系画家の浜辺万吉に師事し、洋画に転向した[2]

1955年、師事していた吉原治良をリーダーとする具体美術協会に参加(1971年まで)[3]。初期にはビニール袋に様々な色の色水を入れて吊るした作品をつくっていた。1966年、米国に留学。

1991年、『もけら もけら』(山下洋輔:文、元永定正:絵、中辻悦子:構成)で第14回絵本にっぽん賞(現・日本絵本賞)を受賞。

晩年は兵庫県宝塚市に在住していたが、アトリエは故郷の伊賀市にあった。前衛画家として初めて紫綬褒章を受章した。

2011年10月3日、前立腺癌のため宝塚市の病院で死去[4]。88歳没。

主な受賞[編集]

  • 第15回日本芸術大賞(1983年)
  • 兵庫県文化賞(1986年)
  • 芸術文芸シュバリェ賞(1988年)
  • 紫綬褒章(1991年)
  • 大阪芸術賞(1992年)
  • 勲四等旭日小綬章(1997年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 元永定正オーラル・ヒストリー、加藤瑞穂と池上裕子によるインタヴュー、2008年12月9日日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ
  2. ^ 『日本美術家事典 2003年度版』(構成執筆・藤森耕英、日本美術家事典社、2003年3月)
  3. ^ 絵本作家インタビュー:元永定正さんマンモススクール Mammoth School
  4. ^ “元永定正氏(抽象画家)が死去”. 産経新聞. (2011年10月6日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/111006/ent11100619530017-n1.htm 2013年12月20日閲覧。 

外部リンク[編集]