僧正殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
僧正殺人事件
著者 S・S・ヴァン=ダイン
発行日 1929年
ジャンル 推理小説
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 グリーン家殺人事件
次作 『カブト虫殺人事件』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

僧正殺人事件』(そうじょうさつじんじけん、The Bishop Murder Case)は、S・S・ヴァン=ダイン作の長編推理小説1929年発表。

素人探偵ファイロ・ヴァンスが活躍する12長編の内の4作目にあたる作品であり、ヴァン・ダインの作品の中でも前作『グリーン家殺人事件』と並んで特に高い評価を受けている[1][2]

あらすじ[編集]

高名な物理学者ディラード教授の邸宅周辺で、教授の姪に思いを寄せていた弓術選手ジョーゼフ・コクレーン・ロビンが心臓に矢が突き刺さり死んでいるのが発見され、恋敵であり死の直前まで一緒だったスパーリングという男が姿を消した。

コック・ロビンが弓矢でスパーリング(雀)に殺されたことを思わせる状況は、マザー・グースの「コック・ロビンの死と葬い」に不気味なまでの合致を見せる。そして現場の郵便受けには「僧正」と署名された、このことを示唆するような内容の書付けが入れられていた。

登場人物[編集]

  • ファイロ・ヴァンス - 素人探偵
  • ジョン・F・X・マーカム - 地方検事
  • アーネスト・ヒース - 部長刑事
  • バートランド・ディラード - 元数理物理学教授
  • ベル・ディラード - バートランドの姪
  • シガード・アーネッソン - 数学の准教授、バートランドの養子
  • パイン - ディラード家執事
  • ビードル - ディラード家料理人
  • アドルフ・ドラッカー - 科学者、脊椎が彎曲異常
  • ミセス・オットー・ドラッカー(レディ・メイ) - アドルフの母親
  • グレーテ・メンツェル - ドラッカー家料理人
  • ジョン・パーディー - 数学者、チェスの名手
  • ジョーゼフ・コクレーン・ロビン - アーチェリー選手、第一の事件の被害者
  • レイモンド・スパーリング - アーチェリー選手
  • ジョン・E・スプリッグ - 大学生、アーネッソンの教え子
  • ホイットニー・バーステッド - 神経科医
  • クィナン - 記者
  • マデラン・モファット - 幼い少女、アドルフの知り合い
  • オブライエン - 警視正
  • ウィリアム・M・モラン - 警視
  • ピッツ - 殺人課警部
  • ギルフォイル、スニトキン、ヘネシー、エメリ、バーク - 殺人課の刑事たち
  • デューボイス - 警部、指紋係
  • エマニュエル・ドリーマス - 検死官
  • スワッカー - 地方検事の秘書
  • カーリ - ヴァンスの執事

作品中のマザー・グース[編集]

第1の殺人である、アーチェリー選手のジョーゼフ・コクレーン・ロビンが胸に矢を突き刺されて殺された際に用いられた唄。
  • 小さな男がいた 小さな鉄砲持っていた
第2の殺人である、アーネッソンの教え子の大学生、ジョン・E・スプリッグが32口径のピストルで射殺された際に用いられた唄。
第3の殺人である、科学者のアドルフ・ドラッカーが高い塀から突き落とされて殺された際に用いられた唄。
第4の殺人である、数学者でチェスの名手のジョン・パーディーが、カードの家が組み立てられたテーブルで殺された際に用いられた唄。
  • マフェット嬢ちゃん
アドルフ・ドラッカーの知り合いの少女、マデラン・モファットが誘拐された際に用いられた唄。

関連作品[編集]

山田正紀の推理小説『僧正の積木唄』はこの作品の数年後、再び僧正を名乗るものによる殺人が始まり、その頃アメリカに滞在していた後の名探偵金田一耕助がこれに挑んでいくといった内容になっている[3]。ヴァンスも登場するものの、本作における推理を否定されるなど、金田一の引き立て役と化している。

なお、金田一耕助ものの代表作である『獄門島』と『悪魔の手毬唄』は、この作品とアガサ・クリスティ著『そして誰もいなくなった』に触発されたものである。ただしマザー・グースに対応するような既存の童謡がなかったため、『獄門島』では俳句を代用し[4]、『悪魔の手毬唄』では作者の横溝正史が架空の手毬唄を創作したものである[5]

脚注[編集]

  1. ^ 江戸川乱歩は本作を「黄金時代ミステリーBEST10」の3位に挙げている(乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10(3) 『僧正殺人事件』 集英社文庫 1999年、参照)。
  2. ^ 1975年週刊読売』の海外ミステリー・ベストテンでは8位(『グリーン家殺人事件』は9位)、「東西ミステリーベスト100」(『週刊文春』)では1985年版で9位、2012年版で18位に挙げられている。
  3. ^ 『僧正の積木唄』は、金田一耕助のデビュー作の『本陣殺人事件』に記されているサンフランシスコで迷宮入りしかけた殺人事件の解決に際し知り合った久保銀造の依頼で、新たに金田一が捜査に乗り出したニューヨークで起きた殺人事件を描いた作品である。
  4. ^ 真説 金田一耕助』(横溝正史著・角川文庫、1979年)参照。
  5. ^ 『横溝正史読本』(小林信彦編・角川文庫、2008年改版)参照。