僕のいた時間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
僕のいた時間
ジャンル テレビドラマ
放送時間 水曜日 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2014年1月8日 - 3月19日(11回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ(制作)
共同テレビ(制作著作)
企画 中野利幸
演出 葉山裕記
城宝秀則
八十島美也子
脚本 橋部敦子
プロデューサー 橋本芙美
江森浩子
元村次宏
出演者 三浦春馬
多部未華子
斎藤工
風間俊介
山本美月
野村周平
浜辺美波
吹越満
小市慢太郎
浅田美代子
原田美枝子
字幕 字幕放送
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回は15分拡大(22:00 - 23:09)。
テンプレートを表示

僕のいた時間』(ぼくのいたじかん)は、フジテレビ共同テレビの制作で2014年1月8日から3月19日まで毎週水曜日22:00 - 22:54[注 1]JST)に放送されていた日本の連続テレビドラマ。主演は三浦春馬[1]

企画・制作[編集]

2013年にヒットした『ラスト・シンデレラ』の撮影中、出演者の三浦春馬はフジテレビの中野利幸に「命を題材にしたドラマをやりたい」と持ち掛けた。この提案が中野らによって採用され、1年近い年月を経てドラマ化されたのが本作である[2]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

青楓学院大学[編集]

澤田 拓人(さわだ たくと)〈22〉
演 - 三浦春馬[3](幼少期:髙橋駿介)
大学4年生 → 宮前家具社員。高校までは順調に両親が敷いたレールの上を走り、父と同じ医者への道を志したが学業の面で挫折する。なにげない生活の中で筋萎縮性側索硬化症(ALS)の症状が現れ始める。
本郷 恵(ほんごう めぐみ)〈22〉
演 - 多部未華子
拓人の同級生で母子家庭で育つ。就職面接中に窮地を救ってくれたことで拓人と知り合い、今まで学年や学部が同じだったが顔を合わせることもなかった。
向井 繁之(むかい しげゆき)〈24〉
演 - 斎藤工
拓人の2年先輩で大学院生。
水島 守(みずしま まもる)
演 - 風間俊介[4]
拓人の親友。
村山 陽菜(むらやま ひな)〈22〉
演 - 山本美月
恵の親友。

澤田家[編集]

澤田 陸人(さわだ りくと)〈18〉
演 - 野村周平[5]
拓人の弟。兄に代わって医者の道を目指し、難関医科大学にストレート合格を果たす。内心では挫折した兄を見下していた。
澤田 佐和子(さわだ さわこ)〈56〉
演 - 原田美枝子
拓人・陸人の母。拓人が学業に挫折した後は、愛情と関心を陸人に注ぐようになる。
澤田 昭夫(さわだ あきお)
演 - 小市慢太郎
拓人・陸人の父で山梨中央総合病院院長。体裁を繕うためだけに拓人に自分が経営する病院の事務職員として就職するよう強要する。

その他[編集]

桑島 すみれ
演 - 浜辺美波[6]
小学5年生。家庭教師のアルバイトをする拓人の教え子。
宮下
演 - 近藤公園
宮前家具アルバイト店員。拓人の指導担当。
今井 保
演 - 河原健二(第5話 - 第9話)
恵が訪問介護を担当するALS患者。
下平 伸
演 - 竹尾一真(第5話 - 第9話)
宮前家具社員。出勤時の拓人のサポートもしている。
谷本 和志(たにもと かずし)
演 - 吹越満
関東医科大学附属病院神経内科医師。拓人と同じALSの患者をこれまで多く診療した経験を持つ。主治医として拓人の良き理解者となる。
本郷 翔子(ほんごう しょうこ)〈55〉
演 - 浅田美代子
恵の母。

ゲスト[編集]

坂下 柊二(さかした しゅうじ)
演 - 夕輝壽太(第1話)
拓人と同じ大学に通い、人生を悲観して自殺を遂げる[注 2]
笠井 伸一
演 - 西山聡(第3話)
武蔵総合病院整形外科医。拓人の症状や診察所見などから一度は頚椎症の診断を下すが、経過観察後も病状が改善しなかったため、拓人に関東医科大学附属病院の神経内科を受診するよう勧める。
鶴田 ゆり
演 - 池田光咲(第4話)
HUMMING COFFEE店員。
永井
演 - 坂口涼太郎(最終話)
陸人と同じアルバイト先で知り合い、共通の趣味で意気投合する。

スタッフ[編集]

エピソードリスト[編集]

話数 エピソードタイトル 初回放送日 演出 視聴率[9]
第1話 難病と闘い今を生きる青年の物語!! あなたは全力で生きてますか?
2014年1月08日
葉山裕記 11.2%
澤田拓人と本郷恵は就職活動中の大学生。拓人は小学生の家庭教師アルバイトをしており、実家は山梨県病院を営んでいる。親からの期待は次第に4歳下の陸人に向けられるようになっていたが、家具販売会社に内定する。恵はファミリーレストランでアルバイトをしている。拓人が友人とフットサルをしていると、足がつり転んでしまう。本人や友人は単に足をつったのだと思っていたが、これはALSという難病が発病する前兆だった。
第2話 キスで結ばれた二人に忍びよる病魔―!!
1月15日
葉山裕記 09.4%
拓人は内定した家具販売会社で働き始めた。就職できなかった恵は引き続きファミリーレストランで働きながら就職活動を続けていた。拓人は左腕に力が入らないなどの症状が進行していく。不安に感じた拓人はインターネットでこの症状を調べ、「ALS」というキーワードを見つける。
第3話 どうして、僕が…!? お母さん、助けて!
1月22日
葉山裕記 09.4%
引き続きALSの症状が出ていた拓人は整形外科で診察を受けるが正確な病名診断には至らず、大学病院を紹介してもらう。拓人は神経内科医・谷本に病名を告知される。一方、恵は長年勤めていたファミリーレストランを辞めて介護のアルバイトに就くことになる。
第4話 好きだからこそ…。涙の決断!!
1月29日
城宝秀則 08.5%
第5話 前を向き生きる覚悟 僕は負けない!
2月05日
城宝秀則 10.4%
第6話 今、僕にできること 一歩、踏み出す勇気
2月12日
葉山裕記 09.2%
第7話 動き出す二人の時間 抱きしめたい!!
2月19日
城宝秀則 09.2%
第8話 俺のこと認めてよ、本当は叫んでたんだ! お母さん!
2月26日
八十島美也子 11.0%
第9話 お父さん、お母さんありがとう! そして
3月05日
葉山裕記 11.3%
第10話 最後の日記
3月12日
城宝秀則 11.8%
最終話 命の選択
3月19日
葉山裕記 09.1%
平均視聴率 10.1%[10](視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

関連商品[編集]

書籍・シナリオ収録

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 毎日新聞デジタル (2014年1月7日). “注目ドラマ紹介:「僕のいた時間」 三浦春馬が難役にチャレンジ 難病に立ち向かう学生役”. 2014年1月9日閲覧。
  2. ^ 『僕のいた時間』出演者インタビュー #1 沢田拓人役 三浦春馬さん、『僕のいた時間』公式サイト、2014年6月15日閲覧。
  3. ^ 毎日新聞デジタル (2014年1月2日). “三浦春馬:難病役を自ら提案 「全身全霊で」と意気込む”. 2014年1月9日閲覧。
  4. ^ 毎日新聞デジタル (2013年12月7日). “風間俊介:三浦春馬主演の連続ドラマに出演”. 2014年1月9日閲覧。
  5. ^ web ザ テレビジョン (2014年1月3日). “「僕のいた時間」野村周平が『思いっきり嫌われたい』”. 2014年1月9日閲覧。
  6. ^ サンスポ (2014年1月6日). “【’14ブレーク!ウーマン】13歳“加賀っ娘”浜辺美波”. 2014年1月9日閲覧。
  7. ^ ナタリー (2013年12月27日). “Rihwa、三浦春馬主演ドラマに主題歌「春風」書き下ろし”. 2014年1月9日閲覧。
  8. ^ a b RO69 (2014年1月2日). “ゆず、新曲2曲が連ドラ「僕のいた時間」の挿入歌およびイメージソングに”. 2014年1月9日閲覧。
  9. ^ 僕のいた時間 - スポニチ Sponichi Annex 芸能、2014年3月20日閲覧。
  10. ^ 「第80回記念スペシャル 発表! ザテレビジョンドラマアカデミー賞」、『ザテレビジョン』第20巻19号(2014年5月16日号)、KADOKAWA2014年5月16日、 10頁。

注釈[編集]

  1. ^ 初回は15分拡大(22:00 - 23:09)。
  2. ^ 劇中では特に自殺する理由は語られていない。

外部リンク[編集]

フジテレビ 水曜22時枠
前番組 番組名 次番組
リーガルハイ(第2期)
(2013.10.9 - 2013.12.18)
僕のいた時間
(2014.1.8 - 2014.3.19)
SMOKING GUN〜決定的証拠〜
(2014.4.9 - 2014.6.18)