傾いた建築物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

傾いた建築物(かたむいたけんちくぶつ)は、意図的に傾けて建てられた、または自然に傾いた建築物(傾斜)である。

概要[編集]

アブダビキャピタルゲートビルの傾斜角は18°である。

世界で最も有名な傾斜塔はイタリア ピサの「ピサの斜塔」であろう。ただし、この塔は元々は傾いていなかったし、傾くことを意図していたわけではない。

世界一高い傾いた塔はカナダ モントリオールの「オリンピック・スタジアム」であり、その高さは約175mである。

傾斜角が世界一のビルアブダビの「キャピタルゲートビル」で、高さ160m、傾斜角18°である。

スペイン マドリードの「プエルタ・デ・エウローパ」はツインタワーが揃って傾いている。ドイツ en:Villingen-Schwenningenにあるモールen:Schwarzwald-Baar-Center」の屋根を支えるために用いられている。

傾いた建築物の一覧 (en) も参照のこと。

他の例[編集]

山の斜面に設置される送電塔 (en) は傾いて建設されることがある。このような傾いた送電塔はフーバーダムスイスに多く見られる。

傾いた塔はロープウェイの支柱を支えるために用いられることもある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]