山内氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
備後山内氏から転送)
移動: 案内検索
山内氏
家紋
本姓 藤原北家秀郷流首藤氏流
家祖 山内俊通
種別 武家
主な根拠地 備後国
凡例 / Category:日本の氏族

山内氏(やまうちし、やまのうちし)は、日本の氏族の一つ。山内首藤氏や土佐藩土佐山内氏が知られる。山内首藤俊通を祖とする。


山内首藤氏[編集]

山内氏の祖は美濃国席田郡郡司を務めていた守部氏の後裔であると考えられており[1]、平安時代後期に藤原氏を名乗り、藤原秀郷の後裔を称するようになった。資清の代になって首藤氏を名乗り、源氏の郎党となった。資清の子資通は源義家に従って後三年の役で活躍したが、資通の曾孫俊通相模鎌倉郡山内庄を領した際に山内姓を名乗り、山内首藤氏と呼ばれるようになった[2]。俊通の妻山内尼源頼朝の乳母となり、その子山内首藤経俊は頼朝の乳兄弟となった。経俊は一時平家に味方したものの、その後の治承・寿永の乱においては有力御家人の一人として活躍し、伊勢伊賀の2カ国の守護となった。しかし三日平氏の乱で経俊が守護所から逃亡したために守護を罷免された。

備後山内氏[編集]

山内首藤氏は1221年(承久3年)に蓮華王院領の備後国地毗庄(現広島県庄原市)の地頭になり、さらに1308年(延慶1年)に経俊の曾孫山内首藤時通の2男通綱の子山内首藤通資は、領家から地毗庄本郷の年貢徴収を地頭請により請け負った。通資は、1316年(正和5年)に一族を率いて所領の地毗庄に下向し、本郷を中心に同地で勢力を築いた。この系統は以降、備後山内氏と呼ばれる。室町時代には守護山名氏の下で備後の守護代を務めたが、応仁の乱以後、山名氏の力が衰えたのに乗じ、備後で独自の勢力を築いた。戦国時代の当主山内直通の孫山内隆通の代には安芸毛利氏に仕え、江戸時代には長州藩の家老として存続した。

経俊の孫宗俊の4男山内首藤清俊[3]は、1243年(寛元1年)に母鶴熊から熊野山領相模国愛甲庄上総国畔蒜南北庄領主職、備中国穂太庄預所并下司職を譲渡され[4]、一族としての所領を一挙に増やしている[5]

通綱の2弟山内首藤通忠の系統は、滑氏(滑山内氏)を通称として存続。

通綱の3弟山内首藤通経の系統は、田原氏(田原山内氏)を通称として存続。

通綱の4弟山内首藤通貞の系統は、黒杭氏(黒杭山内氏)を通称として存続。

通資の2弟山内首藤通俊(沙弥浄覚)の系統は近江国多賀村(現・多賀町)で存続し、多賀氏(多賀山内氏)を通称とした。本家の有力庶家として存続し、戦国時代の当主多賀通続の代に毛利氏に仕えている。

通資の3弟山内首藤通顕の系統は、竹内氏(竹内山内氏)を通称として存続。

奥州山内氏[編集]

奥州に下向した山内氏は、ある一族は戦国時代葛西氏によって滅ぼされ、また別の一族は蘆名氏の家臣となった。山内氏勝など。

2005年、第17代当主の山内丈により、山内一豊の弟、山内康豊のものと見られる「大名よろい」が四万十市に寄贈された。当時の報道によると、奥州山内家は、伊達氏の中級家臣で、よろいは、宮城県涌谷町の実家に伝わったものという[6]

土佐山内氏[編集]

戦国大名山内一豊や、幕末の四賢侯の一人でもある山内豊信(容堂)を輩出した土佐山内氏(やまうちし)は、この山内氏の傍流を称している。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「佐藤氏系図」『尊卑分脉』
  2. ^ 「山内首藤氏系図」
  3. ^ 首藤四郎と通称された。
  4. ^ 寛元1年(1243年)7月28日付け「鎌倉将軍家政所下文」『長府毛利文書』
  5. ^ 清俊の子孫は、後に備後国地毗庄の河北に盤踞したことから、河北氏を名乗り、戦国時代になり毛利氏に仕えたという。
  6. ^ 奥州からよろい里帰り 土佐山内家、300年ぶり”. 共同通信 (2005年11月4日). 2013年3月30日閲覧。

参考文献[編集]

  • 服部秀雄 『景観にさぐる中世』(新人物往来社、1995年)
  • ― 「地毘庄」『講座日本荘園史・中国地方の荘園』pp144~pp161(吉川弘文館)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]