備前国総社宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
総社
Bizennokuni-soujagū shinmon.JPG
随神門
所在地 岡山県岡山市中区祇園596
位置 北緯34度42分1.99秒
東経133度57分16.57秒
座標: 北緯34度42分1.99秒 東経133度57分16.57秒
主祭神 大己貴命
社格 備前国総社
郷社
別名 備前国総社宮
例祭 10月21日-23日
テンプレートを表示
鳥居

備前国総社宮(びぜんのくに そうじゃぐう)は、岡山県岡山市中区にある神社。正式名称は総社備前国総社で、旧社格郷社

祭神[編集]

歴史[編集]

古代国司は各国内の全ての神社を一宮から順に巡拝していた。これを効率化するため、各国の国府近くに国内の神を合祀した総社を設け、まとめて祭祀を行うようになった。当社はそのうちの備前国の総社にあたる。当社南方約1kmの地には備前国庁跡が見つかっている。また当社には『備前国神名帳』の写本が伝わっている。

明治維新後、近代社格制度においては郷社に列した。

平成4年(1992年2月16日未明、放火により社殿を焼失。平成17年(2005年)に復興奉賛会が発足され[2]、平安時代後期の様式の社殿を再建する計画が進められた。平成22年(2010年)に本殿が完成。2013年現在、拝殿を再建している。

境内[編集]

祭事[編集]

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス

脚注[編集]

  1. ^ 神産日神高御産日神、玉積産日神、生産日神、足産日神、大宮売神、御食津神、事代主神の8柱。
  2. ^ 備前国総社宮復興奉賛会発足(賞田町内会ホームページ)。

参考文献[編集]

  • 『備前国総社宮略記』(神社由緒書)
  • 『日本歴史地名体系 岡山県の地名』(平凡社)岡山市 祇園村項

外部リンク[編集]