傅鍾文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

傅 鍾文(ふ しょうぶん、1903年 - 1994年)は、楊式太極拳楊澄甫の親戚。 子に傅声遠、孫に傅清泉、弟に傅宗元がいる。

幼いころに、楊澄甫に楊式太極拳を学んだ。 1944年上海において「上海永年太極拳社」を設立した。 上海を拠点に、中国の国内・国外に出向き、太極拳を広めた。

著書には、「太極刀」(1959年)「楊式太極拳」(1963年)があり、日本アメリカドイツフランスなどで翻訳されている。

弟の傅宗元も、上海で太極拳を指導した。後年は、永年に戻り、地元の楊式太極拳の後継者育成に尽力した。

日本では「傅 鐘文」と記述される事が殆どであるが、「鐘」は誤りで「鍾」が正しい。 これは、簡体字で書いた場合「鐘」と「鍾」は同じ金ヘンに中という記述になる事によるものと思われる。