偽重層上皮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上皮の種類

偽重層上皮(ぎじゅうそうじょうひ、英:pseudostratified epithelium)とは表在上皮細胞、介在上皮細胞、基底上皮細胞から構成される上皮組織の1つ。多列上皮とも呼ばれる。偽重層上皮を構成する全ての細胞は基底板に接するが、細胞の高さが異なるため、上皮自由面に対して垂直に観察すると重層上皮様に観察される。気道の粘膜上皮などではその細胞の自由表面に線毛が存在し、偽重層線毛上皮と呼ばれる。

参考文献[編集]

  • 日本獣医解剖学会編集 『獣医組織学 改訂第二版』 学窓社 2003年 ISBN 4873621135

関連項目[編集]