偽キリル文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

偽キリル文字(にせキリルもじ、: Faux Cyrillic, Pseudo-Cyrillic)とは、ラテン文字圏を中心に使われている言葉遊びの一種で、ラテン文字を字形の似たキリル文字と置き換える表記法である。

概要[編集]

英語などのラテン文字の単語中に、Я (R の鏡文字) や И (N の鏡文字) のようなラテン文字に似た字形のキリル文字を混ぜるというものである。似た字形のものを使うが、А/AС/C の様に同一形のものは使われにくい。これらは大文字では似ているものの、小文字では似ないことが多いので、原則として全文を大文字で書く必要がある。

偽キリル文字の発音は、置き換えられたラテン文字と同じものを用いる。例えば、『TETЯIS』という表記の場合、Я の発音は /ja/ ではなく /r/ となる。

偽キリル文字を使う目的は色々あるが、「ロシアらしさ(あるいはソ連らしさ)」を醸し出すために使われることも多い。前述の『TETЯIS』にもそういった狙いがある(実際のロシア語では "Тетрис" と表記される)。1991年ポール・マッカートニーがソ連(当時)で限定発売したアルバム "CHOBA B CCCP" に記した名義 "PAUL McCARTИEЧ" や、フィンランドの音楽グループレニングラード・カウボーイズのロゴ "LЭИIИGЯAD COWBOYS" など、音楽グループをはじめとした各方面で用いられている。

ソ連・ロシアと関係ない用途でも広く使われ、ヘヴィメタルウムラウトと同様に文字装飾の一環として定着している。おもちゃ屋のトイザらスでも英字ロゴに鏡文字の R が見られるが、これはアルファベットを習いたての子供の誤字をイメージしたものである[1]

この他、ラテン文字とキリル文字を並べて線対称にして特徴付ける用法も多い。三菱・RVRのロゴやナイン・インチ・ネイルズのロゴなども ЯVR, NIИ という表記を用いている。

転用される主な文字[編集]

キリル文字 ラテン文字 IPA (ロシア語)
Я R /ja/
И N /i/
З E /z/
Ш W /ʃ/
Ц U /ʦ/
Ф O /f/
Д A /d/
Ч Y /ʧ/
У Y /u/
Ж X /ʒ/
Г L /g/
г r /g/

転用の例[編集]

  • From Wikipedia, the free encyclopedia
-> FЯФM ШIКIPЗDIД, THЗ FЯЗЗ ЗИCУCLФPЗDIД
  • Union of Soviet Socialist Republics
-> ЦИIФИ ФF SФVIЗT SФCIДLIST ЯЗPЦБLICS

日本における利用[編集]

日本語のひらがななどとは字形に類似点が見られないためか、日本語に対しての偽キリル文字利用例は多くない。 多くの場合は英語に対しての利用か、ローマ字に転化して用いられる。基本的な用途はラテン文字文化圏と変わらない。

トイザらスのロゴの場合、カタカナとひらがなのまぜ書きに写された。

超常現象の裏にあるトリックを解き明かすミステリー仕立てのドラマTRICKのタイトルロゴのKは左右反転していて偽キリル文字風であるが、こういった文字が使われているわけではなく鏡文字遊びである。

一方で、ラテン文字への転用があまり行われない小文字キリル文字が、「(゚д゚)」のような顔文字の部品や、ギャル文字を構成する部品として使われるなど、独自のキリル文字転用文化が成立している。

備考[編集]

  • キリル文字以外でも、ギリシア文字の転用(例:Σ -> E, Ω -> O)なども存在している。
  • かつて国際化ドメイン名に対応したウェブブラウザが普及しだした頃、著名なラテン文字ドメイン名の一部をラテン文字の小文字に酷似したキリル文字に変えたドメインで閲覧者を誤認させるフィッシング詐欺も横行した (例:yahoo.com -> уahoo.com) が、今日ではこのような紛らわしい文字が登録できるトップレベルドメインに対してはアドレスバーの URI の表示を Punycode 化することで対処している。
  • ソ連(ロシア)関連の映画の演出として、題字やスタッフロールなどで見られる(レッドブル(1988)、レッド・オクトーバーを追え!(1990)など)。

脚注[編集]

関連項目[編集]