側頭極

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脳: 側頭極
Poles of cerebral hemispheres - inferiror view without text.png
側頭極
大脳を下から見たところ。画像中央の緑色の部分が側頭極。
名称
日本語 側頭極
英語 Temporal pole
ラテン語 polus temporalis
略号 tmp, TmP, TP
関連構造
上位構造 側頭葉
画像
Digital Anatomist 左側面
右側面
下方
下方
下方
前方
関連情報
Brede Database 階層関係、座標情報
NeuroNames 関連情報一覧
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

側頭極(そくとうきょく、英:Temporal pole)は、側頭葉の一番前方の部分のこと。細胞構築学的な分類ではブロードマン領野の38野におおよそあたる。

側頭極の機能的側面はまだ解明されていない部分が多いが、意味記憶や、相貌認知(顔を見分けること)や心の理論(他者の心的状態を推理すること)といった社会的・情動的機能、などとの関連が深いと考えられている[1]

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ingrid R. Olson. at. al. "The Enigmatic temporal pole: a review of findings on social and emotional processing" Brain 2007 130(7):1718-1731; doi:10.1093/brain/awm052 PDF

関連項目[編集]


大脳脳葉
外側面 外側溝内部 と 極 内側面