健康・体力づくり事業財団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

公益財団法人 健康・体力づくり事業財団(けんこう・たいりょくづくりじぎょうざいだん、英文名称:Japan Health Promotion & Fitness Foundation)は健康・体力づくりについて正しい知識や実践方法を普及する公益法人。以前は厚生労働省文部科学省共同所管の財団法人であったが、公益法人制度改革に伴い公益財団法人へ移行した。

概要[編集]

  • 所 在:東京都港区東新橋2-6-10 大東京ビル7階
  • 代表者:理事長下光 輝一(健康日本21推進連絡協議会の会長も務める。)

事業[編集]

  • 1978年(昭和53年)に法人設立。その後、健康づくりおよび体力づくりの一体的な普及啓発活動を目的に1981年(昭和56年)、社団法人国民健康・体力つくり運動協会(1965年設立)と財団法人健康づくり振興財団(1978年設立)が合併し、現名称となった[1]

情報提供(月刊健康づくり、ホームページの運営、リーフレット配付など)、健康運動指導士・健康運動実践指導者などの指導者養成事業、関連分野の調査研究のほか健康日本21推進全国連絡協議会の事務局運営を行っている。

脚注[編集]

  1. ^ 健康・体力づくり事業財団. “沿革・役割”. 2009年6月15日閲覧。 厚労省および文科省によれば1978年が設立年となっている。cf. 厚生労働省. “(財)健康・体力づくり事業財団”. 厚生労働省所管特例民法法人. 2009年6月15日閲覧。文部科学省. “スポーツ・青少年局生涯スポーツ課”. 所管特例民法法人一覧. 2009年6月15日閲覧。

外部リンク[編集]