倶利伽羅剣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Dharma Wheel
密教
仏教
金剛乗仏教
時代・地域
初期 中期 後期
インド チベット 中国 日本
主な宗派(日本)
東密
※は、「真言宗各山会」加入
- 古義真言宗系 -
高野山真言宗
東寺真言宗
真言宗善通寺派
真言宗醍醐派
真言宗御室派
真言宗大覚寺派
真言宗泉涌寺派
真言宗山階派
信貴山真言宗
真言宗中山寺派
真言三宝宗
真言宗須磨寺派
真言宗東寺派
- 新義真言宗系 -
真言宗智山派
真言宗豊山派
新義真言宗
真言宗室生寺派
- 真言律 -
真言律宗
台密
〈日本〉天台宗
信仰対象
如来 菩薩 明王
経典
大日経 金剛頂経
蘇悉地経 理趣経
思想 基本教義
即身成仏 三密 入我我入
曼荼羅 護摩
東密
古義広沢流 小野流新義
関連人物
東密
金剛薩埵 龍樹
龍智 金剛智 不空 恵果
空海
真言律
叡尊 忍性 信空
台密
最澄 順暁 円仁 円珍
ウィキポータル 仏教
倶利伽羅龍蒔絵経箱

倶利伽羅剣(くりからけん)は、不動明王が右手に持つ、が巻きつき炎に包まれた。貪瞋痴の三毒を破る智恵の利剣である。この剣が単独で磐石に突き立った姿は不動明王の化身とされ、「倶利伽羅明王」「倶利伽羅不動」「倶利伽羅竜王」などと呼ばれて礼拝の対象となる。

関連項目[編集]

ギャラリー[編集]