倭迹迹日百襲姫命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
倭迹迹日百襲媛命から転送)
移動: 案内検索
倭迹迹日百襲姫命伝承墓の大市墓
箸墓古墳/箸中山古墳)(奈良県桜井市

倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと[1]/やまとととびももそひめのみこと[2]生没年不詳)は、記紀等に伝わる古代日本皇族

第7代孝霊天皇皇女で、大物主神三輪山の神)との神婚譚や箸墓古墳奈良県桜井市)伝承で知られる、巫女的な女性である。

名称[編集]

日本書紀』では「倭迹迹日百襲姫命」、『古事記』では「夜麻登登母母曽毘売(やまととももそびめ)」と表記される[1]。名称のうち「トトビ」は「鳥飛」、「モモ」は「百」、「ソ」は「十」の意味と見られ、「鳥飛」から脱魂型の巫女を表すという説がある[2][3]

なお、『日本書紀』崇神天皇7年8月7日条に見える倭迹速神浅茅原目妙姫(やまととはやかんあさじはらまくわしひめ)は諸説で百襲姫と同一視される[4]。また本居宣長は『古事記伝』において、『日本書紀』に孝元天皇(第8代)皇女として見える倭迹迹姫命(やまとととひめのみこと)を百襲姫と同一視する説を挙げる[1]

系譜[編集]

(名称は『日本書紀』を第一とし、括弧内に『古事記』ほかを記載)

第7代孝霊天皇と、倭国香媛(やまとのくにかひめ、意富夜麻登玖邇阿礼比売命<おほやまとくにあれひめのみこと>/絚某姉<はえいろね>/蠅伊呂泥<はえいろね>)との間に生まれた皇女である[1]

同母兄弟として、『日本書紀』によると彦五十狭芹彦命(比古伊佐勢理毘古命/吉備津彦命/大吉備津日子命)、倭迹迹稚屋姫命(倭飛羽矢若屋比売)があり、『古事記』では2人に加えて日子刺肩別命(日本書紀なし)の名を記載する。

『日本書紀』では、百襲姫は大物主神三輪山の神、大神神社祭神)の妻となったという[1]

記録[編集]

日本書紀』では、崇神天皇7年2月15日条において、災害が多いので天皇が八百万の神々を神浅茅原(かんあさじはら:比定地未詳[注 1])に集めて占うと、大物主神が百襲姫に神憑り、大物主神を敬い祀るように告げたという[1]

同書崇神天皇7年8月7日条では、倭迹速神浅茅原目妙姫・大水口宿禰穂積臣遠祖)・伊勢麻績君の3人はともに同じ夢を見て、大物主神と倭大国魂神大和神社祭神)の祭主をそれぞれ大田田根子命市磯長尾市にするよう告げられたといい、同年11月13日条ではその通りにしたところ果たして国内は鎮まったという。この「倭迹速神浅茅原目妙姫」は百襲姫と同一視される[1][4][注 2]

また同書崇神天皇10年9月27日条では、四道将軍の1人の大彦命が和珥坂(現・奈良県天理市和爾町)で不思議な歌を歌う少女に出会い、引き返して天皇に報告した。百襲姫はこれを武埴安彦とその妻の吾田媛による謀反の前兆であると告げ、果たして謀反は起こったが鎮圧されたという[1]

三輪山(奈良県桜井市)
大物主神は三輪山の神とされる。

続けて、同書では百襲姫による三輪山伝説・箸墓伝説が記される。これによると、百襲姫は大物主神の妻となったが、大物主神は夜にしかやって来ず昼に姿は見せなかった。百襲姫が明朝に姿を見たいと願うと、翌朝大物主神は櫛笥の中に小蛇の姿で現れたが、百襲姫が驚き叫んだため大物主神は恥じて御諸山(三輪山)に登ってしまった。百襲姫はこれを後悔し、腰を落とした際に箸が陰部を突いたため死んでしまい、大市に葬られた。時の人はこの墓を「箸墓」と呼び、昼は人が墓を作り、夜は神が作ったといい、また墓には大坂山(現・奈良県香芝市西部の丘陵)の石が築造のため運ばれたという[1]

古事記』では事績に関する記載はない。同書では、三輪山の伝説は意富多々泥古(大田田根子)と活玉依毘売(活玉依媛)との説話として語られている[1]

なお『土佐国風土記』逸文(『萬葉集註釈 一』収録)所引[5]の『多氏古事記』においても、「倭迹迹媛皇女」と大三輪大神との神婚譚が記されている[1]

[編集]

大市墓(箸墓古墳/箸中山古墳)拝所
(奈良県桜井市)

墓は、奈良県桜井市箸中にある大市墓(おおいちのはか、位置)に治定されている[6]。公式形式は前方後円。考古学名は「箸墓古墳/箸中山古墳」。墳丘長278メートルで、全国第11位の規模を誇る前方後円墳である。

前述のように『日本書紀』では百襲姫は「大市」に葬られ、人々はこれを「箸墓」と称したと記されている[7]。墓は同書天武天皇元年(672年)7月23日条において「箸陵」とも見えるが、『延喜式』諸陵寮では記載を欠いている[7]。上記古墳を箸墓に比定する伝承は幕末まで続き、慶応元年(1865年)4月には営築とともに長役・守戸の付置があった。また明治8年(1875年)に墓域が国有地として買収され、明治19年(1886年)に拝所・参道用地も買収、明治21年(1888年)に修営された[7]

箸墓古墳は全国でも最古級の3世紀中頃の築造と推定されており、邪馬台国畿内説の立場から「径百余歩」という卑弥呼の冢に比定する説もある(詳細は「箸墓古墳」を参照)。

考証[編集]

『日本書紀』の記す伝承は、人と蛇神との三輪山型(苧環型)の神婚を表すとともに、妻問婚の習俗を表すとされる[3][1]。また、『古事記』での活玉依媛伝承のように神・人が結ばれて子が産まれる型(神人交流型)ではなく、別離し死去する(神人隔絶型)であるという特徴を持っている[3]

また百襲姫の地位・巫女的性格から、『魏志倭人伝に見える卑弥呼を百襲姫にあてるとともに、卑弥呼の男弟を崇神天皇にあてる説や、前述のように箸墓古墳を卑弥呼の墓とする説がある[1](詳細は「卑弥呼#倭迹迹日百襲媛命説」を参照)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 「神浅茅原」の比定地として、奈良県桜井市笠の浅茅原または桜井市茅原とする説があるが明らかでない (倭迹迹日百襲姫命(古代氏族) 2010年)。
  2. ^ 「倭迹速神浅茅原目妙姫」の名は、神浅茅原で神憑ったことによる讃称とされる (倭迹迹日百襲姫命(古代氏族) 2010年)。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 倭迹迹日百襲姫命(古代氏族) 2010年.
  2. ^ a b 倭迹迹日百襲姫命(古代史) 2006年.
  3. ^ a b c 倭迹迹日百襲姫命(国史).
  4. ^ a b 倭迹速神浅茅原目妙姫(古代氏族) 2010年.
  5. ^ 武田祐吉編『風土記』(岩波書店、1937年、近代デジタルライブラリーより)167-168コマ参照。
  6. ^ 宮内省諸陵寮編『陵墓要覧』(1934年、近代デジタルライブラリーより)8コマ。
  7. ^ a b c 大市墓(国史).

参考文献[編集]

関連項目[編集]