俺たちは天使じゃない (1989年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
俺たちは天使じゃない
We're No Angels
監督 ニール・ジョーダン
脚本 デヴィッド・マメット
原作 アルベール・ユッソン
La Cuisine Des Anges
サム・スピワック
ベラ・スピワック
My Three Angels
ラナルド・マクドゥガル
1955年版脚本)
製作 アート・リンソン
製作総指揮 ロバート・デ・ニーロ
出演者 ロバート・デ・ニーロ
ショーン・ペン
デミ・ムーア
音楽 ジョージ・フェントン
撮影 フィリップ・ルースロ
編集 ミック・オーズリー
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年12月15日
日本の旗 1990年2月10日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $10,555,348[1]
テンプレートを表示

俺たちは天使じゃない』(おれたちはてんしじゃない 原題:We're No Angels)は1989年制作のアメリカ合衆国コメディ映画

アルベール・ユッソンの『La Cuisine Des Anges』、サム・スピワックベラ・スピワックの『My Three Angels』の2つの舞台劇を映画化した1955年制作の同名映画リメイクニール・ジョーダン監督。

主演のロバート・デ・ニーロが製作総指揮も兼任している。

あらすじ[編集]

1935年カナダとの国境に近いアメリカ東部のとある刑務所窃盗で服役していたネッドとジムは殺人犯ボビーの死刑執行に立ち会うが、ボビーは一瞬のすきを突いて狡猾に脱獄、2人も流れから一緒に脱獄し、ニューイングランドの小さな町に逃げ込む。

しかし、国境を越えるための手続きの際に、自分たちの身分を神父と偽ったため、折から2人の神父が派遣される予定だった教会に送られてしまう。

国境を越える機会をうかがっているうちに、ジムが聾唖の幼い娘を抱えるモリーと恋に落ちるなど様々な騒動が起こり、2人の心境にも変化が起こってゆく。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ネッド ロバート・デ・ニーロ 堀勝之祐
ジム ショーン・ペン 安原義人
モリー デミ・ムーア 高島雅羅
レベスク神父 ホイト・アクストン 今西正男
保安官助手 ブルーノ・カービー 秋元羊介[2]
ボビー ジェームズ・ルッソ 麦人
若い修道僧 ジョン・C・ライリー 大塚芳忠
刑務所長 レイ・マカナリー 藤本譲
通訳 ウォーレス・ショーン 峰恵研
保安官 ジェイ・ブラゾー 池田勝
ブレア夫人 エリザベス・ローレンス 京田尚子
店主 フランク・C・ターナー 北村弘一

前作との違い[編集]

  • 主人公たちが収監されている刑務所は、前作では孤島に浮かぶ刑務所(デビルズ島)だったのに対し、リメイクはカナダとの国境近くにある刑務所になっている。
  • 前作では3人で常に行動しているのに対し、リメイクはデ・ニーロとペンが神父になりすまし、あとの1人は身を隠し続けている。
  • 前作では主人公たちは盗み目的で雑貨屋に押し入るが、経営不振に苦しむ店の主人やその娘の恋の行方に首を突っ込むうちに、彼等に同情して店に居候して手伝いをするという展開になっているのに対し、リメイクは国境を越える時の手続きの際に身分を神父と偽ったため、教会に送られて神父になりきっているうちに、いろいろな騒動が起きるという設定になっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b We're No Angels” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月2日閲覧。
  2. ^ DVDパッケージは池田勝となっているが、誤植である。

外部リンク[編集]