信頼できるコンピューティングのセキュリティ開発ライフサイクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

信頼できるコンピューティングのセキュリティ開発ライフサイクル (Trustworthy Computing Security Development Lifecycle, SDL) は、マイクロソフトが提案するソフトウェア開発プロセスである。ソフトウェア セキュリティに関する信頼性の向上とバグの増加を抑えるために使用されている。また、ソフトウェアの維持費を抑えるためにも使用されている。SDL は基本的なスパイラル モデルに基づいている。

今日では、マイクロソフトのほぼ全てのソフトウェア プロダクトで適用されている。

外部リンク[編集]