信貴山下駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
信貴山下駅
駅舎
駅舎
しぎさんした - SHIGISANSHITA
勢野北口 (0.8km)
(0.9km) 王寺
所在地 奈良県生駒郡三郷町勢野西二丁目
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 生駒線
キロ程 11.5km(生駒起点)
電報略号 シサタ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
約3,204人/日
-2010年-
開業年月日 1922年大正11年)5月16日
* 改称経歴
- 1951年 山下駅→信貴山口駅
- 1956年 信貴山口駅→信貴山下駅

信貴山下駅(しぎさんしたえき)は、奈良県生駒郡三郷町にある、近畿日本鉄道(近鉄)生駒線

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ、行違い可能な地平駅である。ホーム有効長は4両分。駅舎(改札口)は2番ホーム側にあり、反対側の1番ホームへは地下通路で繋がっているが、エレベーター等のバリアフリー施設はない。また行き違いについては王寺駅でも可能だが通常はこの駅で行う。

のりば[編集]

1 生駒線(下り) 王寺方面
2 生駒線(上り) 生駒方面

特徴[編集]

  • 窓口で定期券の予約発売を受け付けている。
  • 自動改札機東芝製が設置されており、赤い自動改札機(EG-2000)は出場時2枚一括処理、PiTaPaICOCAに対応する。

利用状況[編集]

  • 2010年平成22年)11月9日の調査結果によると、1日の乗降人員は3,204人[1]。この数字は…
    • 近鉄の全調査対象駅(287駅)中、152位。
    • 生駒線の駅(12駅、他線接続駅含む)の中では、8位。
    • 奈良県内の近鉄の駅(93駅)の中では、48位。
  • 2008年11月18日の調査では1日の乗降人員は3,244人、2005年11月8日の調査では3,364人。

周辺には、山の方まで住宅地が広がっている。

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

奈良交通 ※ 2013年4月1日現在

  • 1番乗り場
    • 16系統:信貴山行き
    • 32・42系統:信貴山門行き(終点で高安山方面に乗換可能)
    • 18系統:万葉荘園前行き
    • 20・33系統:万葉荘園前経由三郷駅行き
  • 2番乗り場
    • 15・35系統:城山台三丁目経由三郷駅行き
    • 42系統:王寺駅(北)行

※詳細は奈良交通西大和営業所の項も参照。

歴史[編集]

信貴山下駅
在りし日の東信貴鋼索線ホーム(1983年8月29日)
在りし日の東信貴鋼索線ホーム
(1983年8月29日)
しぎさんした - SHIGISANSHITA
(1.7km) 信貴山
所在地 奈良県生駒郡三郷町勢野西二丁目
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 東信貴鋼索線
キロ程 0.0km(信貴山下起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面1線
開業年月日 1922年大正11年)5月16日
廃止年月日 1983年昭和58年)9月1日

信貴山朝護孫子寺への参詣路線として敷設された、信貴生駒電気鉄道の山下駅として開業した。駅西方にある信貴山に登る東信貴鋼索線(東信貴ケーブルカー)と同時の開業で、鉄道とケーブルカーによる信貴山への観光輸送をもくろんでのことである。東信貴鋼索線ののりばは頭端式2面1線という、ケーブルカーの麓側に典型的な配線であった。

しかし交通の便がよい西信貴鋼索線が開通するとそちらに人が流れてしまい、利用者の減少が止まらず、東信貴鋼索線は1983年に廃止された。廃止後も、1995年頃に駅舎が建て替えられるまで東信貴鋼索線乗り場跡が残っていた。廃線跡は、西和清陵高校付近より下は舗装され道路に転用、それより上は遊歩道として利用されており、今でも枕木や架線の跡が残る。かつての信貴山駅の駅舎はバス待合所になっている。

代替として運行されている信貴山下駅と信貴山を結ぶバスルートは日中60分ヘッドで本数は多くないが、片道200円と安く、また信貴山下駅すぐ側には町立図書館があり待合いに使用できる。

  • 1922年大正11年)5月16日 - 信貴生駒電気鉄道が王寺 - 山下間で開業した際に「山下駅」として開業。鋼索線(のちの東信貴鋼索線)も開業。
  • 1925年(大正14年)11月6日 - 信貴生駒電気鉄道の路線が信貴生駒電鉄に譲渡され、同社の駅となる。
  • 1926年(大正15年)10月21日 - 信貴生駒電鉄鉄道線が元山上口駅まで延伸し、途中駅となる。
  • 1951年昭和26年)9月10日 - 信貴山口駅に改称。
  • 1956年(昭和31年)9月10日 - 信貴山下駅に改称。
  • 1964年(昭和39年)10月1日 - 近畿日本鉄道が信貴生駒電鉄を合併。同社の生駒線・東信貴鋼索線の駅となる。
  • 1973年(昭和48年)6月 - これ以降の一時期、行違い設備が廃止。
  • 1983年(昭和58年)9月1日 - 東信貴鋼索線廃止。
  • 1985年(昭和60年)9月22日 - 再び交換可能駅となる。
  • 2007年平成19年)4月1日 - PiTaPa使用開始。

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
生駒線
勢野北口駅 - 信貴山下駅 - 王寺駅

かつて存在した路線[編集]

近畿日本鉄道
東信貴鋼索線
信貴山下駅 - 信貴山駅

その他[編集]

当駅の駅名は信貴線西信貴鋼索線信貴山口駅とともに、誤って「信貴山駅」と呼ばれ混乱を招くことがある。

信貴山駅」は東信貴鋼索線に存在したが、上述の通り1983年(昭和58年)に路線とともに廃駅となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]