信用評価調整

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

信用評価調整(しんようひょうかちょうせい、CVACredit valuation adjustment)は、店頭取引デリバティブにおけるカウンターパーティー・リスク(信用リスク)をデリバティブの時価に反映させるための概念である[1]

CVAはカウンターパーティーの信用リスクを考慮しない場合と考慮した場合のデリバティブ時価の差であり、以下のように定義できる。[2]

CVA = リスク*のないデリバティブの時価 - リスク*を加味したデリバティブの時価
(*リスク:カウンターパーティーのデフォルトリスク)

また、CVAはカウンターパーティーの期待損失(EL)であることから、算出は単純化すると以下の通りである。[3]

CVA = 期待エクスポージャー(時価) × 期待損失率
 期待エクスポージャー:デフォルト時点の期待値
 期待損失率 = デフォルト確率(PD) × デフォルト時損失率(LGD)

CVAはデリバティブの時価評価(公正価値評価)に織り込まれるため、CVAが増加すると、会計上の損失を計上することとなる。

出典[編集]

  1. ^ http://www.imes.boj.or.jp/research/papers/japanese/kk30-2-3.pdf
  2. ^ http://www.nli-research.co.jp/report/pension_strategy/2013/vol202/str1304c.pdf
  3. ^ http://www.fsa.go.jp/inter/bis/20091217/04.pdf