保福寺峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
保福寺峠
Hohukujitouge1.JPG
曇天ながら保福寺峠ウェストン碑前から北アルプス方面を望む
標高 1345 m
所在地 長野県松本市上田市
位置
通過する交通路 長野県道181号下奈良本豊科線
テンプレートを表示

保福寺峠(ほふくじとうげ)は、長野県松本市上田市の境にある、松本盆地諏訪盆地を隔てる。かつては東山道が通る、重要な交通ポイントであった。

2012年現在、交通量は少ないが長野県道181号下奈良本豊科線が通る。

概要[編集]

保福寺峠は松本市と上田市の間にあるが、県道181号線はわずかに上田市内を通るとすぐに小県郡青木村に入る。そのため、峠は松本市と青木村の間にあるという感じである。そのため、峠にある万葉集歌碑の裏面には、1983年昭和58年)建立当時の自治体である四賀村と青木村の名前が刻まれている。

峠には上記の万葉集歌碑と、馬頭観音の石碑などがある。峠の南東側の小丘には、「ウォルター ウェストン 日本アルプス絶賛の地」の石碑がある。ウェストンがまだ鉄道がなかった松本に、開通間もない上田駅から向かったのは1891年明治24年)7月だった。

分水嶺になっている。松本側に降った雨は保福寺川から会田川に流れ、安曇野市明科犀川に合流する。上田側に降った雨は仏岩沢から内村川 に流れ、上田市長瀬で信濃川(千曲川)に合流する。両川は、川中島で合流して日本海に流れ込む。

保福寺峠を越える県道区間はすべて舗装されているが、1車線でカーブの多い山道である。松本市側にはガードレールがあるが、峠に近い部分の上田側にはガードレールがなく、道幅も狭い。峠をはさむ区間は冬季には通行止めになる。

峠の位置づけと歴史[編集]

律令制が布かれたころ、東山道が開削されて保福寺峠を通過したことから、重要な交通ポイントになった。しかし、江戸時代になって中山道が開通すると、保福寺峠を通る道は北国脇往還と呼ばれる松本と上田を結ぶローカル線の地位に退いた。しかし、松本藩主が参勤交代の経路につかったのは、この保福寺峠越えのコースで、北国街道から中山道を通って江戸に往復していた。

1887年(明治20年)に長野県会は、松本-上田間につくる県道2号線を、現在の国道143号線の位置に決めた。この2つのトンネルを含むヨーロッパ技術を導入しての新路線の開通により、保福寺峠とそこを通る道路の重要性はさらに低下した。

参考文献[編集]

関連項目[編集]