保定陸軍軍官学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

保定陸軍軍官学校(ほていりくぐんぐんかんがっこう)は、中国近代史上最初の正規陸軍軍事学校である。河北省保定市(当時の省都)郊外にあり、保定軍官学校とも略称する。

概要[編集]

前身は清朝北洋軍閥の陸軍速成学堂、陸軍軍官学堂である。袁世凱中華民国総統在任中開設された。1912年から1923年までの間に9期を経、6千人余りが卒業した。その後、黄埔軍官学校の教官となった者も多い。また1,600人以上が将軍となっている。

保定軍官学校は下級将校の養成を目的とし、修業期間は2年である。歩兵騎兵砲兵工兵輜重兵5科に分れ、日本の陸軍士官学校をモデルとしている。教官も日本陸軍士官学校卒業者が多かった。最初の正式校長は蒋百里。

著名出身者[編集]

以下の一覧は保定陸軍軍官学校及びその前身の出身者を含んでいる。