保健省 (タイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

保健省 (タイ語:กระทรวงสาธารณสุข タイ語略称:สธ.英語:Ministry of Public Health 英略称:MOPH)は、タイ王国政府のの一つ。1942年に設置。

概要[編集]

保健省は、保健福祉伝染病の予防管理、防護、国民の保健能力向上、法を遵守した保健公務の執行に関して責任を持つ省である。内閣の閣僚である保健大臣が省の長となる。

歴史[編集]

省の前身は前王宮病院設立委員会に代わり、シリラート病院の業務を管理するためにラーマ5世1888年12月25日に設立した医療局(thกรมการพยาบาล)である。医療局は当時、医学教育、諸病院監督、国民への種痘接種などの業務を行った。

1889年、医療局は道徳省(กระทรวงธรรมการ)に編入された。同局は国家医師制度をタイ各地で立ち上げ、伝染病感染地に公共薬・教書配布、伝性病予防の医療団を設置した。

1905年、ラーマ5世は 医療局と局長部署を廃し、監督下にあったシリラート病院以外の諸病院を王都省(กระทรวงนครบาล)に編入し、シリラート病院は王立医学校(โรงเรียนราชแพทยาลัย)の一部門に編入した。また政府薬院団(กองโอสถศาลารัฐบาล)、種痘接種団(กองทำพันธุ์หนองฝี)、疾病予防および国家医師団(กองแพทย์ป้องกันโรคและแพทย์ประจำเมือง) は道徳省に留め置かれた。

1908年 内務省が政府薬院団、種痘接種団、疾病予防および国家医師団の同省への編入を希望し、内務省地方行政局(กรมพลำภังค์)の傘下に置かれることになる。

続いて、内務省は組織の整理を行い、医療局の業務を拡大。ラーマ6世に請願して、1916年12月19日に医療局の名称を治民局(กรมประชาภิบาล)へと変更することが許される。

1918年11月27日、治民局の再編によって保健局(กรมสาธารณสุข)の設置が公布された。 保健局は1942年に保健省として昇格するまで内務省の監督下に置かれた。

所在地[編集]

ノンタブリー県 ムアンノンタブリー郡 タムボン・タラートクワン ティワワーノン通り ムー4  88/20 ( 88/20 หมู่ที่ 4 ถนนติวานนท์ ตำบลตลาดขวัญ อำเภอเมืองนนทบุรี จังหวัดนนทบุรี

部局[編集]

事務[編集]

  • 大臣官房
  • 次官事務局

内部部局[編集]

  • 医療局 (กรมการแพทย์
  • 疾病予防局 (กรมควบคุมโรค
  • タイ式医療・代替医療開発局 (กรมพัฒนาการแพทย์แผนไทยและการแพทย์ทางเลือก
  • 健康関連サービス推進局 (กรมสนับสนุนบริการสุขภาพ
  • 医療科学局 (กรมวิทยาศาสตร์การแพทย์
  • 精神衛生局 (กรมสุขภาพจิต
  • 保健局 (กรมอนามัย
  • 食品・薬品委員会事務局 (สำนักงานคณะกรรมการอาหารและยา

省関連の公共機関[編集]

  • 公衆衛生システム研究所 (สถาบันวิจัยระบบสาธารณสุข
  • 国家健康保険事務所 (สำนักงานหลักประกันสุขภาพแห่งชาติ
  • タイ国立救急医療センターสถาบันการแพทย์ฉุกเฉินแห่งชาติ
  • タイ政府薬事機構(องค์การเภสัชกรรม)(GPO)

関連事項[編集]

外部リンク[編集]