余呉町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
よごちょう
余呉町
廃止日 2010年1月1日
廃止理由 編入合併
余呉町虎姫町湖北町高月町
木之本町西浅井町長浜市
現在の自治体 長浜市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 滋賀県
伊香郡
団体コード 25503-3
面積 167.62km²
総人口 3,615
推計人口、2009年(平成21年)11月1日)
隣接自治体 福井県敦賀市南越前町
滋賀県 西浅井町木之本町
岐阜県揖斐川町
町の木 トチノキ
町の花 コスモスアジサイ
町の鳥 おしどり
余呉町役場
所在地 529-0515
滋賀県伊香郡余呉町中之郷958番地
余呉町役場.jpg
余呉町役場。現在は長浜市役所余呉支所
外部リンク 町の公式サイトインターネット・アーカイブ
座標 北緯35度32分35秒
東経136度12分18秒

余呉町位置図

― 市 / ― 町

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

余呉町(よごちょう)は、かつて滋賀県の最北端に存在した

2010年1月1日、東浅井郡伊香郡の他5町とともに長浜市へ編入された。

概要[編集]

南部には余呉湖を擁し、琵琶湖との間には賤ヶ岳があり、南隣の木之本町との境界を成していた。湖から岐阜、福井県境までの北側のほとんどは峡谷も伴う険しい山岳地帯となっており、南北に通る余呉川と国道(北国街道)沿いも山深い全国でも屈指の豪雪地帯として知られる。日本最南端、かつ近畿以西唯一の特別豪雪地帯に指定されていた(長浜市への合併後も「平成22年1月1日合併前の伊香郡 旧・余呉町」として引き続き指定されている[1])。

2006年、畑野佐久郎町長(当時)が町内に放射性廃棄物最終処分場を誘致すべく文献調査応募を表明したのに対し、町民から反発が起き、また嘉田由紀子滋賀県知事も近畿地方の水源の安定性などから懸念を表明、畑野町長は12月、誘致断念を発表した。

降雪量について[編集]

町内北部の旧片岡村丹生村地区では高い数値の降雪が記録されている。町の最北端に位置する中河内で1981年の五六豪雪時に6m55cmを記録した[要出典]。特に積雪の多かったとされる1936年には、いずれも公式の気象観測施設によるものではないが、尾羽梨で7m30cm[2][3]、中河内でも同じく7m30cm[4]を記録した。『日本残酷物語 第4部 保障なき社会』(平凡社、1960年)には、丹生北部の雪の惨状として「この辺りでは雪が平年で20尺 (約6m)多い年は30尺(約9m)は積もる。この年の大雪では30尺以上積もった。その場所と言うのが奥川並の集落のようである。」との記載がある[要ページ番号]

歴史[編集]

地域[編集]

教育[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

以前は国鉄バス西日本ジェイアールバスが運行されていた(柳ヶ瀬線の代替路線)。ジェイアールバスから湖国バス(余呉町による運行委託)を経て余呉バスの運行となる。

道路[編集]

高速道路

一般国道

主要地方道

一般県道

名所・旧跡・観光[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 豪雪地帯及び特別豪雪地帯指定地域(詳細)(平成26年4月1日現在) - 国土交通省
  2. ^ 「琵琶湖研究所所報(1986)」 流域を読む(姉川編)2 - 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター[リンク切れ]
  3. ^ 積雪地方農村調査経済調査書(編)『積雪地方農村経済調査所報告. 第16号 昭和十一年積雪調査』積雪地方農村調査研究所、1937年国立国会図書館デジタルコレクション 175コマ目を参照。
  4. ^ 『余呉町誌』[要ページ番号]
  5. ^ それまで長浜折り返しだった2本のうち1本を米原経由近江塩津(夕方 - 夜間は敦賀)まで運転区間を延長する形で対応。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]